#navi(本)

* 現代医学に残された七つの謎&br; ――研究者の挑戦を拒み続ける人体の神秘 [#k05b88b3]

#amazon(406257652X,,image)

:著者|杉晴夫
:出版社|講談社(ブルーバックス)

#clear

自然科学的な仮説の検証がしにくいため置き去りにされた研究分野、あるいは研究助成されなかったり研究者の能力不足によって成果の出ていない研究分野として「残された謎」の説明が試みられている。

内容的には面白いのだが、どうも語り口が硬くて睡魔に襲われるのはなぜだろう、と思いながら読んでいて、ふと気付いた。

大学生のとき、おじいさん先生の講義でこんなふうに感じたものだ。
提示される写真や図版が古いのもそっくりである。

文体や構成について、もっと編集者がコントロールしたほうが良いのではないか、と、ちょっと思った。

以下、七つの謎についての著者の説明と、そこへの[[ワシ]]のツッコミを試みる。

#contents


** 鍼灸の治療効果の謎 [#i3b83a7e]

*** ツボと経絡路は実在するか [#g044df99]

臨床実験により効果があることは認められているが、ツボや経絡路の実在は確認されていない。

鍼灸治療を受けなくても、偽の治療(されたように被験者が感じる行為)であっても40%の治療効果があることから、プラセボ(偽薬)効果の影響が大きいことは間違いない。

*** ツッコミ→中国四千年の人体実験 [#udd9a675]

鍼灸治療の有効性は、漢方薬と同様、中国四千年の人体実験の結果、証明されたというか、どうも具合が良くなるようだという経験知の集積だろう。

皇帝や権力者のために、医者が必死に実験したんだろうけど、きっといっぱい失敗して、死屍累々なんだろうなぁ。

うまく行った例の中には、そんな気がするだけというプラセボ効果もたくさん含まれているに違いない。
本当に効果があったのか、プラセボ効果なのか、それを確かめるためには実験計画を立て、二重盲検法((被験者も実験者も、どちらが本物でどちらが偽者かわからないようにした状況で実験を行うこと。))を行い、統計的検定((実験の結果、効果があったのか、それとも偶然「効果」があるように見えちゃったのかを検証する。))によって検証する必要がある。

皇帝相手に盲検法をやるわけにはいかなかっただろうけど……いや、やってたりして。


** 磁場の人体に及ぼす影響の謎 [#ebac8e58]

*** 人体内に磁石はあるか [#qdb82cc5]

マウスを用いた実験では、エレキバンなどの静磁場による血管拡張効果が認められた。
しかし、人体に対して静磁場による治療効果があるかどうかは確認できていない。

*** ツッコミ→磁場に囲まれて暮らしているからなぁ [#tc1d3687]

磁気治療バンの効果については、たとえば磁石と同じような色・形のセラミック片を付けたバンを用いて二重盲検法で試験する必要があるのではないか。

統計的な有意差がなければ、人体におよぼす磁気の効果はプラセボ効果だということになる。

もしも同程度の効果があったとしたら(効果がなかったとしても?)、次のような宣伝ができそうだ。

「磁氣なんて古臭い。エレキバンと同程度の効果があって、さらに遠赤外線効果も期待できる、IRセラミックバンの時代です!」

眉に唾をつけて、プラセボ効果や[[バーナム効果>http://mshi.no.coocan.jp/pukiwiki/?%CB%DC%2F%A1%D6%BF%B4%CD%FD%A5%C6%A5%B9%A5%C8%A1%D7%A4%CF%A5%A6%A5%BD%A4%C7%A4%B7%A4%BF%A1%A3#b67bfa1e]]に騙されないようにしなくちゃね。

** 睡眠の謎 [#b20306a2]

*** 睡眠物質は存在するか [#o1a6dd8b]

睡眠を誘発する物質はみつかっていない。

体内時計を調節し、睡眠と起床をコントロールする物質(メラトニン)が発見された。
メラトニンの合成と分泌のしくみなど、概日リズムを維持する機構は明らかになった。

*** ツッコミ→松果体と第三の眼 [#s02318d0]

図3-16にカマキリの頭部の写真と「第三の眼」という説明があるが、カマキリの額の部分にあるのは三つの「単眼」であって、脊椎動物の「第三の眼」とは無関係である。

ヘビやトカゲの頭頂部の「第三の眼」を示したほうが良かったのでは。

ちなみに、鳥類では「第三の眼」は外からは見えないが、概日リズムの調節や季節変化の感知に関係することがわかっている。
スズメの頭皮の下にスミを注入すると、「第三の眼」に日光が当たらなくなり、概日リズムや発情に影響が出る、という可哀相な実験結果があるのだ。

** 「病は気から」の謎 [#c37cbfe7]

*** プラセボ効果とは何か [#cdbbe992]

意識的な活動、つまり大脳皮質ニューロンの活動が、自律神経系に影響を及ぼすことは明らかだが、その経路は未発見である。

*** ツッコミ→意識の起源は気分かも [#ic62379f]

動物行動学では、鳥などで見られるコミュニケーション言語を「気分言語」という((気分言語について詳しくはコンラート・ローレンツやニコラス・ティンバーゲンの著作を参照のこと。))。
意識的に発している言葉ではなく、気分で発している言葉である。

朝、スズメやヒヨドリが口々にさえずるのは、朝の挨拶ではなく、「あー、夜が明けてよかった、腹減った、何か食いたいなぁ」といった気分の表現なのである。
そしてその「気分」は伝染し、あたりの鳥たちみんながさえずるのである。

ヒトにも気分言語がある。
いちばんよく知られている例が「あくび」である。
「退屈だ、眠い」という気分を誰かがあくびで表現すると、それを受けてほかの誰かがあくびをする。
こうして、あくびが伝染する。

このような気分言語と「病は気から」に共通項があるように思うのだが、どうだろう。

セキツイ動物の進化の過程では、あくびのような無意識的な行動が先にあり、意識的な行動は後から登場したと考えられる。
無意識的な行動は、身体の状況(快/不快、健康/病気)と密接に関係する。
そこで、意識的な行動や感情(喜怒哀楽)と身体の状況も関連するのも当然のような気がする。

メカニズムはわかんないけどね。

** 「天然のリニアモーター」筋肉の謎 [#k4586469]

*** 意志はどのように筋肉を動かすのか [#v4aac480]

神経インパルスは筋細胞のカルシウムイオンを放出させ、それがきっかけとなって筋収縮が起こる。

筋収縮のメカニズムはタンパク質分子レベルで解明中。

*** ツッコミ→ミオシン首振りモデルは古くなかったっけ? [#pfbfdeae]

[[『立花隆・100億年の旅』(朝日文庫)>http://mshi.no.coocan.jp/m_shi/bookfilm/book0203.html]]で、ミオシンの首振りモデルは単純すぎる、熱ノイズでフラフラ動く、という話を読んだ。

ミクロの世界では、生体分子はブラウン運動でフラフラしながらグニョグニョ動いていて、カッチリ、スッキリ、何でも解決というわけにはいかないのだろうなぁ、と思う。

** 記憶のメカニズムの謎 [#cad09aed]

*** 記憶はどのように貯蔵されているか [#z0089f6e]

短期記憶はニューロンのネットワークに、長期記憶は RNA などの化学物質に貯蔵されているのではないか。

*** ツッコミ→記憶のコピーが取れたなら [#td655d06]

記憶が大脳の右半球と左半球の両方にコピーされること(片方の半球を取り除いても記憶が維持されること)などから、著者は記憶がコピー可能な化学物質と考えているようだ。

もしも記憶が化学物質に記録され、コピー可能なものならば、思い違いは起こらず、正確な記憶の再生が可能なはずだ。

しかし、記憶は再生されるものではなく、再び物語られるものらしい(『[[本/なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか]]』参照)。

** 人体の設計図の謎 [#td844528]

*** 鍵を握る細胞質 [#h6e3bf3b]

セントラルドグマ(中心的教義)と呼ばれる宗教的・教条的な意味を帯びた言葉で説明される「DNA =生命の設計図」仮説では、タンパク質合成から先へ進まない。

DNA の情報に基づいて作られたタンパク質から細胞内構造を組み立てるにあたっては、細胞質が大きな役割を果たしているのではないか。

*** ツッコミ→細胞外の大工 [#n7ba3325]

細胞の核内の DNA だけが生命の設計図ではない。

それは確かだが、細胞質に生物体構築の役割をもとめるのはどうだろう?

……と考えながら前項のツッコミを読み返してみて、ふと気付いた。

DNA の情報に基づいて作られたタンパク質のリボンは、水素結合の角度や分子間力でぐにぐにと折れ曲がり、立体構造をつくる。
そのタンパク質は、細胞質の中にある。
細胞質とは、タンパク質や脂質を含む水であり、タンパク質や脂質は複雑な立体構造を作っている(高校の生物で習う細胞小器官を思い出してくださいね)。

新たに作られたタンパク質は、「先輩のタンパク質」に導かれて、細胞内で正しい位置を占めるようになる((正確には、水分子のブラウン運動でグニョグニョと動いているうちに、他のタンパク質にぶつかって静電気的な力ですき間にはめ込まれたりするのである。))。

……ということで、細胞質が細胞を作るという考え方はけっこうしっくりくる。
細胞質は生命の起源から連綿と続いてきたものだしね。

ただまぁ、細胞質内のタンパク質も DNA の情報に基づいて作られたものだし、糖質や脂質は酵素タンパク質を経由して DNA によってコントロールされている。
その意味では、やはり DNA がキーになるわけだが。

また、核内の DNA(宿主となった原核生物の DNA)のほかに細胞質の DNA(共生している原核生物の DNA)もある。
それぞれが「自分」の利益と共通の利益となるようなタンパク質を生産し、互いの作用をコントロールする。
なんだか、細胞内も一つの生態系のようだよね。

キリンの網目模様のなどを考えてみたのだが、あの網目は種ごとにパターンが異なるので、おおまかなパターンの設計図は、やはり DNA にあるのだろう。
キリンの網目模様の成因などを考えてみたのだが、あの網目は種ごとにパターンが異なるので、おおまかなパターンの設計図は、やはり DNA にあるのだろう。
しかし、網目模様が発現するときには、個々の細胞の DNA から設計図が読み取られて色が付けられる、というわけではないはずだ。

キリンの網目模様に限らない。
高校の生物では、カエルの胚発生の過程において、消化管や神経系、感覚器などが次々と誘導されて形成されていく様子を教わる。

このとき、細胞どうしの会話によって、それぞれの細胞の役割が決まっていくと考えられている。

「えー、こんにちは。はじめまして。私は何をすれば良いのでしょう?」

「このへんはみんな粘膜上皮だから、あんたも粘液作るといいよ」

設計図を元に生物体を構築する「大工」は、細胞たち自身なのだろう。

FrontPage   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS