#navi(山/装備)

* 登山靴 [#t9d88315]

#contents

** 重登山靴、またはアルパインブーツ [#af440394]

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2008/boots1.jpg,around,left,nolink,重登山靴)

革製の重い登山靴。
革製であるために、皮革油を塗ってメンテナンスしなければならないなど、手間がかかる。
その代わり、岩角などから足を保護するという機能はバッチリ。
靴が重いことも、足を振り子のように踏み出す手助けになったりする。

#clear

しかし、足は蒸れるし、靴下にしわが寄っているとマメができるし、舗装された林道を歩くと疲れるし、……ということで、厳冬期登山をやめてからは、履いていない。

** 軽登山靴、またはトレッキングブーツ [#b0eb9e5c]

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2008/boots2.jpg,around,left,nolink,軽登山靴)

ザンバラン社の「フジヤマ」の登場は画期的だった。
分厚い毛糸の靴下を履かなくても、多少厚手であれば綿やアクリルの靴下で気軽に履けたので、普段履きに使う人も多かったはずだ。
ソール(靴底)は重登山靴と同じビブラム社のものだったので、磨耗したら張り替えて、長く使えた。
アッパー(上皮)は革製だったので、やはり皮革油を塗るなどのメンテナンスは必要だった。

#clear

現在、個人的にはアゾロ社の CERRO TORRE を使用中。
アッパーは皮革とゴアテックス社の防水透湿素材で、より快適である。

** ハイキングブーツ [#m93fd7b0]

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2008/boots3.jpg,around,left,nolink,ハイキングブーツ)

アッパーにゴアテックス社の防水透湿素材を使った「軽い」軽登山靴。
普段履きにも使える。

かつての「キャラバンシューズ」はこのカテゴリだろうか(もちろん、当時のキャラバンシューズは防水透湿素材ではなかった。)。
大学に入って山登りを始めたころはキャラバンシューズを履いていたが、半年で穴が開いた。
ヤブコギをしていたら、ササの切り株が靴下とアッパーを突き抜けてきて、肝を冷やした。

#clear

2006〜2007年ごろは、ナイキ社の「TENGU」を普段履きにしていた。
[[こん]]の散歩や、庭の手入れの際にも履いていたのだ。
防水なので、朝露のやどった草むらを走り抜けたり、雨の日の散歩中に水たまりに踏み込んでしまったりしても、何ともなかったからだ。
難点は、足型が日本人に合わないことである。
幅が狭いのだ。
[[ワシ]]も、0.5cm 大きいサイズを買ったがそれでも脇がきつく、ようやく馴染んだころにはソールが磨り減ってしまった。

仕方なく近所の登山用品店に代わりの靴を探しに行ったら、在庫がなかった。
そこで、定価1万5千円のところ6千円で売っていた Teva社の 6570 という靴を買ったのだが、アッパーがゴアテックスではなかった。
朝露の草むらを散歩したら水が沁みてきたので「失敗したか」と思ったが、沢を歩くときには水がすぐに抜けるし、ソールが岩に貼り付くようで快適だった(「[[こん/沢が好き]]」参照)。

2009年3月、モンベルあたりのハイキングブーツを買おうかと思ったのだが、やはり足型が合わない。
そこで、ブルックス社の「サファリ」の旧タイプをアウトレット店で9千円で買った。
アッパーはゴアテックスなので、雨の日や草むらの露もへいちゃらである。
さっそく[[こん]]の散歩の際に履いてみたが、4Eの幅広の足型なので、快適である。
やはり、足首までサポートされると、[[こん]]に引っ張られて草の斜面を駆け下りるときにも安心だ。
問題点は、ベロがやや柔らかいところくらいか。
キッチリひもを結ぶと、甲に当たる部分が少々気になる。

なお、全天候型の利点を活かせるのは、ベロの部分が本体と一体になっていて、水が浸入するすき間のない設計のものである。

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2014/p1120061ss.jpg,around,left,nolink,ベロの部分が本体と一体で水の浸入を防ぐ)
#clear

……ということで、2010年7月、「サファリ」の靴底が減ったため((約1年、ほぼ毎日散歩に使用していたので、溝がなくなってしまったのだ。))、TREKSTA(トレクスタ)の EVOLUTION GTX を買った。
これも、1万円を切るのにゴアテックス・ファブリクスを使用していて完全防水である。
ベロの構造も本体と一体なので、雨の日も、露の宿る草むらも安心だ。
3Eなので足に負担がかからないが、2週間履いたところで、まだ馴染んでいない。
夏は、サンダルで散歩に出かけてしまうこともあるからね。

……2011年9月、トレクスタ「エボリューション」も靴底の溝がなくなってしまった((左足はまだ1ミリくらい残っているのだが、右足は「つんつるてん」である。どうして片減りするのか……。[[こん]]のリードを左手で引くので、右足を踏ん張るからかなぁ。))。
代わりの靴を探したが、1年ちょっとで買い換えることになるから、1万円前後にしたい。
もちろん、散歩という用途から考えて、アッパーはゴアテックスでなければならない。
……ということで、ふたたびトレクスタ「エボリューション」を買った。

2013年1月、2代目「エボリューション」も靴底が減り、踵の部分は穴が空きそうなほど。前回と同じ店に行ったが、サイズ違いの現品限り。
そこでニューバランスの「MO703GH」を購入。

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2014/p1120059ss.jpg,around,left,nolink,ニューバランスMO703GH)
[[[拡大>http://mshi.no.coocan.jp/img2014/p1120059s.jpg]]]
#clear

靴幅が広く、アッパーがゴアテックス、踝までの高さがあって、アスファルト舗装の道を歩いても疲れないこと、加えて1年少々でダメになるので価格が1万円前後という条件で絞ると、選択肢は少ないねぇ。

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2014/p1120063ss.jpg,around,left,nolink,ニューバランスMO703GHのゴアテックスタグ)
#clear

2014年1月、「MO703GH」の靴底が薄くなり、雨の日の散歩で水が浸入するようになったため、買い替え。
昨年買った店には「MO703GH」がなかった。
トレクスタの「エボリューションII」を安く売っていたので、それを購入。

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2014/p1120060ss.jpg,around,left,nolink,エボリューションII)
[[[拡大>http://mshi.no.coocan.jp/img2014/p1120060s.jpg]]]
#clear

安いシューズの中には「撥水」であったり「防水」であってもゴアテックスでないものも見られるが、やはりゴアテックスの完全防水でないと、雨の日の散歩には耐えられないのだ。

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2014/p1120062ss.jpg,around,left,nolink,エボリューションIIのゴアテックスエンブレム)
#clear

2014年12月、コロンビアのセイバーミッド YM5057 を購入。エボリューションIIは1年もたずに靴底が剥がれてきたのだ。

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2014dsc_0529ss.jpg,around,left,nolink,セイバーミッド YM5057)
#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2014/dsc_0529ss.jpg,around,left,nolink,セイバーミッド YM5057)
[[[拡大>http://mshi.no.coocan.jp/img2014/dsc_0529s.jpg]]]
#clear

防水透湿素材はゴアテックスではなく、オムニテックという素材である。

** 運動靴、またはスニーカー、またはウォーキングシューズ [#z43b2c32]

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2008/boots4.jpg,around,left,nolink,運動靴)

登山靴じゃないじゃん、と思われただろうが、必要な場合があるのだ。
クルマで山へアプローチするときには、当然、運動靴を履いて運転する。
キャンプサイトでも、運動靴があると楽である。
それだけじゃない。

じつは、この図の運動靴は、実は「''岩''登り練習用''トレ''ーニングシューズ」なのである。
いまは販売されていないが、アシックス社のその名も「ガントレ」である。
靴底にシャンクと呼ばれるプラスチックの硬い板が入っていて、つま先を岩の出っ張りに引っ掛けて登ることができたのだ。

#clear

** 長靴、またはレインブーツ [#ud364c15]

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2008/boots5.jpg,around,left,nolink,小屋番は長靴を履いて走る)

これまた登山靴じゃないじゃん、だって? 
小屋番(山小屋の番人)が長靴を履いて雪山を駆け下りてきたり、デカイ荷物を担いで追い抜いていったりしたのを見たことはないだろうか? 

#clear

長時間歩き続けるのでなければ、長靴は快適な「登山靴」になる。
もちろん、ひざ下までの長さがあり、ソール(靴底)の凹凸が大きいものが良い。

FrontPage   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS