#navi(映画)

* 銀河ヒッチハイク・ガイド [#t2ed6ec9]

#amazon(B000CS46YQ,,image)

:原作|ダグラス・アダムス
:監督|ガース・ジェニングス
:主演|サム・ロックウェル、モス・デフ、ズーイー・デシャネル、マーティン・フリーマン 

** 英国流ジョーク満載のコメディーSF [#ma49a26b]

バイパス建設ため自宅を取り壊される羽目に陥った冴えない青年アーサー・デントは、友人フォードに「外へ」連れ出される。
フォードはベテルギウス付近出身の異星人で、銀河バイパス建設のため破壊される地球から、アーサーを救い出したのだった。
アーサーとフォードは、地球を破壊したヴォゴン人の建設艦隊にヒッチハイクする。
アーサーは『銀河ヒッチハイク・ガイド』のライターの一人でもあった。
何しろ銀河は無害(!)な地球とは違い、危険で満ちているので、ガイドブックが必要なのだね。

さて、その後の冒険がハチャハチャで、なんともブラックなジョークの連続である。
さすが英国流。
コメディーSFの雰囲気としてはTVシリーズ『宇宙船レッド・ドワーフ』と似たところがある。

地球を創ったのは誰か、とか、宇宙と生命の秘密にまつわる数「42」、とか、おいおい、そういうオチかよ、というような「謎解き」については、ここに書いちゃうとつまらないので書かない。

シニカルで理屈っぽいところは、ある意味で[[科学的]]である。
ま、何事も信じずに疑問を持てっていうこと。
決してファンタジーではない。

そのため、以下の人たちには、この映画はおすすめしない。

- ヴォゴン人、じゃなくて小役人。
- クソ真面目な人。
- 人類至上主義者(人類が「万物の霊長」だと思っている人)。
- 信心深い人、とくに[[進化]]の創造説を信じているような原理主義者。
- 排他的な思想を持っている人(ネオコンとかナショナリストとか)。
- 本に書いてあることはすべて真実だと思っちゃう人。


** 気に入ったところなど(ネタばれ注意) [#ude25cc1]

- 冒頭のイルカの歌。もちろん、イルカが歌っているわけではない。何とも能天気。歌っているイルカが能天気なのか、イルカのメッセージが理解できなかったヒトが能天気なのか……。ちなみに、イルカは地球で2番目に頭が良い生物で、ヒトは3番目である。
- 陰気なロボットのマーヴィン。ロボットスーツをまとって演技しているのは『ウィロー』のウォーウィック・デイビス、声は『ハリー・ポッター』のスネイプ役のアラン・リックマンである。そのアラン・リックマンがまた憂鬱そうにぼやくのである。
>「今コンピュータと話したんだけど……嫌われた(It hates me.)」

- コテコテの教条主義者のヴォゴン人。いかにも「イギリスの役人」という感じである(イギリスの役人に知り合いは居ないけど)。醜悪な外見と小役人的行動は、その惑星環境で培われたものらしい(メイキングを参照のこと)。いや、その、惑星環境には笑わされた(昔ながらのスラップスティックなのだ)。
- ヴォゴン人の惑星のカニ。出てくると、必ず潰される。
- 無限不可能性ドライブ。超空間航法らしいのだけど、どこへ行くか、どんな姿で行くかも予測不能。
- ハーマ・カヴーラ(ジョン・マルコヴィッチ)の説教。なんだよ「ハンカチーフよ来たれ」って。ありとあらゆる宗教をおちょくってるね。
- 銀河大統領の宇宙船「黄金の心」号のコンピュータ、エディ。熱核ミサイルに追いかけられ、アーサーに「何とかしろ」と言われたときの返事が「手動に切り替えるね」ってつまり自分で何とかしろってことか? ちなみに大統領を演じているサム・ロックウェルは、『[[ギャラクシークエスト>映画/ギャラクシークエスト]]』で&ruby(クルー){乗組員};No.6として登場していたね。
- 宇宙船「黄金の心」号が「急停止」したとき、赤く点灯したブレーキランプ。
- 「黄金の心」号に搭載されたポッドが発進するシーン。画面構成からすると『2001年宇宙の旅』でディスカバリー号からスペースポッドが発進するシーンのパロディだと思うが、戸口に頭をぶつけるというお約束のギャグだし。
- 偉大なコンピュータ、ディープ・ソートの造形。肘ついてテレビ見てるし。
- 地球の海を創っているところ。

しかし何だね、ストーリーとはまったく関係ないけど、地球って豊かな惑星だね。
比較する相手(惑星)がないので、地球が優れているとかそういうことじゃなく、とにかく生命にあふれている。
地球の生命活動を「再起動」するときのシーンは好きだなぁ。

** 英語字幕で観てみた [#g98d9471]

英語の字幕を表示しながら英語の音声を聞いていると、日本語の字幕では気付かなかったことに気付く。

- けっこう英語の韻を踏んだダジャレが多い。似た発音の単語を聞き違えてチグハグな会話になったり。
- スラーティバートファースト(地球の設計者)が「of mice」と言ったときにアーサーが「and men」と口を挟む。
『二十日鼠と人間(Of Mice and Men)』は、もちろんジョン・スタインベックの小説のタイトルであり、ロバート・バーンズの詩「To a Mouse」の一節である。
「The best laid plans of mice and men.」といえば、「綿密に立てた計画も、その通りにうまく行くとは限らない」という意味だ。
[[マーフィーの法則>法則/マーフィーの法則]]だねぇ。

** 音声解説を聞いてみた [#b8870e28]

DVDの利点は、英語の字幕を見ながら英語の音声を聞く、といった語学学習的な使い方だけではない。
制作者や役者の音声解説を聞きながら見ると、制作者の思い入れや舞台裏が判って面白い。

なるほど、このシーンにはこういう意味が隠されていたのか、とか、なんで違和感を感じたのだろうと思ったら、じつは別のところで使う予定のシーンをはめ込んだから、とか……。

『銀河ヒッチハイク・ガイド』の場合、そもそも原作がラジオドラマのノベライズであり、1980年代にはTVドラマとして放映されたという「歴史」がある。
それだけに、映画の製作にあたっては、原作の持ち味を大切にしながらも映画ならではのテイストに仕上げるために、いろいろと苦労があったようだ。

解説がないと絶対に判らないところがいくつかあり、面白かったのでちょいとメモっておこう。

- 冒頭で破壊される地球のパブで、カウンターでボーっとアーサーを眺めている女性は、TVシリーズでトリシア(トリリアン)役を務めていた。しかもそのことを、キャスティング担当者は知らなかったらしい。
- 惑星マグラシアが封鎖中であることを告げる男性は、TVシリーズでアーサー・デント役だった。ちなみに、不完全な3D画像のように見えるこの頭部画像は、赤と青のセロハンを使った「立体めがね」を掛けて見ると、本当に3Dになるらしい。
- 惑星ヴォゴスフェアの受付窓口に並んでいるたくさんの異性人の中に、ロボットが混じっている。このロボットは、TVシリーズで実際に使われていたマーヴィンである。そういえば原作どおり、目が赤くて三角形だ。
- 惑星ヴォゴスフェアの受付窓口に並んでいるたくさんの異星人の中に、ロボットが混じっている。このロボットは、TVシリーズで実際に使われていたマーヴィンである。そういえば原作どおり、目が赤くて三角形だ。
- 偉大なコンピュータ、ディープ・ソートの中身は Macintosh らしい。目の上にアップル社のマークがついている。
- ラストシーンで宇宙船「黄金の心」号が「宇宙の果てのレストラン」へ向かうため無限不可能性ドライブを起動して消えるとき、最後に男性の顔になる。その長髪の男性こそ、『[[銀河ヒッチハイク・ガイド>本/銀河ヒッチハイク・ガイド]]』の原作者、そして映画『銀河ヒッチハイクガイド』の脚本を書き、映画の完成を見ることなく早逝したダグラス・アダムスである。

** 『[[銀河ヒッチハイク・ガイド>本/銀河ヒッチハイク・ガイド]]』シリーズ [#re493574]

- [[本/銀河ヒッチハイク・ガイド]]
- [[本/宇宙の果てのレストラン]]
- [[本/宇宙クリケット大戦争]]
- [[本/さようなら、いままで魚をありがとう]]
- [[本/ほとんど無害]]
- [[映画/銀河ヒッチハイク・ガイド]]

FrontPage   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS