脳のなかの幽霊

原題
PHANTOMS IN THE BRAIN
著者
V. S. ラマチャンドラン、サンドラ・ブレイクスリー
翻訳者
山下篤子
出版社
角川書店(角川文庫)

サックス博士の片頭痛大全』や映画にもなった「レナードの朝」のオリヴァー・サックスが序文を書いている。

はじまり

胃潰瘍の原因がピロリ菌であることを発見した研修医(当時)のマーシャルの例を引いて、常識に挑戦すること、高級な設備を必要としない研究なら独力でも大変革をもたらすことを強調している。

また、最高の研究が推論と健全な懐疑主義のあいだの論証から生まれること。 直感や少数の事例をもとに、他者による検証によって確認されていくこと。

第一章 内なる幻

脳の解剖学的な構造と機能の概説。

ただし、いくら構造と機能を調べても、そこから表現される「幻」についてはわからないこと。 テレビの構造や放送局の機能を調べても、「テレビ番組」についてはわからないように。

第二章 「どこをかけばいいかがわかる」

切断され、失った腕や脚の存在を感じ、痛みを覚える「幻肢(ファントム・ハンド)」について。 幻肢と「ペンフィールドのホムンクルス」の関連について。

失われた肢の感覚があるのではなく、脳の感覚野において肢に近い部分(例えば、手指に対する顔面)の感覚を、幻肢として感じる、という仮説。 切断されていて見えないのに感じることから、幻の肢を作り上げて辻褄を合わせようとする脳の働き。

第三章 幻を追う

著者のラマチャンドランは鏡を使った幻肢の「治療法」を発見する。

錯覚を使って痛みを除去するという話は、可能性を考えただけで途方もない話に聞こえるかもしれないが、痛み自体が一つの錯覚であることを忘れてはいけない――痛みはすべて脳のなかで構築される。感覚体験はみなそうだ。つまりは錯覚を使って別の錯覚を消すのであるから、それほど驚くことではないだろう。(107ページ)

こうした「治療法」が有効なこと、そして錯覚を用いた実験から、次のような結論が得られる。

――あなたの身体イメージは持続性があるように思えるにもかかわらず、まったくはかない内部の構築であり、簡単なトリックで根底から変化してしまう。身体イメージは、あなたが自分の遺伝子を子どもに伝えるために一時的につくりだしている外形にすぎないのだ。

ちなみに、身体イメージは容易に拡張できるようだ。 たしかに、自動車を運転しているとき、自動車のボディーやタイヤを自分の身体の延長のように感じる。 だからこそ、細い道でのすれ違いができるし、小さなやわらかいものでも踏めばわかるし、天井の低い駐車場に入るときには首をすくめてしまうのだ。

第四章 脳のなかのゾンビ

一酸化炭素中毒のため脳に損傷を受け、視力を失ったダイアンは、色や質感はわかるものの、物の形や顔はわからない。 それにもかかわらず、郵便の投入口に手紙を適切に差し込むことができる。 自分では見えないのに、無意識に手首を回して手紙の向きを投入口にぴったり合うようにできるのだ。

「まるで、彼女のなかにいる無意識のゾンビが動きを誘導しているかのようだった。」

視神経のインパルスは、脳に入って二つの経路に分かれる。 一つは物体の位置や運動を検出する経路で、もう一つは物体が「何か」を認知する経路である。

「何か」を認知する経路が損なわれると物体の位置や運動を特定することができるが、それが何ががわからない。 つまり、無意識に物体を避けたり動かしたりできるが、その物体が何かがわからない。 というか、意識に上らず「見えない」ことになるのだ。

存在に関するもっとも明白な事実は、自分は統一された自己としての自分の運命を管理下に置いているという感覚だ。(中略) ダイアンのような患者の所見が示すところによれば、実はあなたのなかには別の存在がいて、あなたの知らないあるいは気づいていないところで、自分のなすべきことをしている。しかも、そういうゾンビは一つだけではなく、あなたの脳のなかにたくさん存在する。もしそうなら、自分の脳に単一の「私」あるいは「自己」が存在するというあなたの概念は単なる幻想かもしれない。(143ページ)

似たような話は『進化しすぎた脳』でも読んだ。 『脳のなかの幽霊』が書かれたのは前世紀(1998年)だが、無意識や自己の探求は、21世紀になってもホットな話題のようだ。

第五章 ジェームズ・サーバーの秘密の生活

視力がないことと、ものが見えないこととは違う。

「正常な」視力を持つ人の眼球にも、「見えない領域」がある。 眼球から視神経が束になって出て行くところ、「盲点」には視神経がない。 盲点は、次のような図形で検出できる(面白いので、作ってみたのだ)。

盲点検出図形

右目をつぶるか、右手で隠し、上の図の右側にある点を左目で正面から見る。 点を見つめたまま顔を画面に近付けていくと、画面から30cmくらいのところで、左側の×印が消えるはずだ。

消えたとき、その部分が真っ暗になったりするわけではなく、背景の灰色で塗りつぶされたように見える。

盲点の上下の線はつながるか

上のように、盲点の上下の線の一方が白、一方が黒でも、つながって見える。 つながった部分は、灰色のグラデーションに見える。

では、明度が近い反対色の場合はどうだろう? これは本書にない、日経サイエンス2010年5月号の記事を参考にしたワシのオリジナルの実験である。

盲点の上下の線が色違いの場合は?

どうだろう? ワシは、上のオレンジ色と下の黄緑色がつながっていて、つながった部分は黄色味を帯びた灰色に見える。

赤と緑の区別がつきにくい色覚タイプのうち、D型の人の場合、この図の上下の色はほぼ同様に見えると思うのだが、盲点では同じような色で塗りつぶされるだろうか。

じつはワシは偏頭痛持ちなので、盲点以外の部分も見えなくなることがある。 偏頭痛の前駆症状の「閃輝暗点」である。 視野の中央に盲点同様の塗りつぶされた領域が出現し、その周囲がギラギラと動く。

見えない部分に存在しないもの(塗りつぶされた領域を含めて)が見える。 盲目の漫画家ジェームズ・サーバーの視野が暗黒ではなく極彩色であるように。

医者の膝の上にサルを見たり、冷蔵庫の中に小さなおじさんを見たり。 そうした幻覚も、夢と同じように脳が創作したものだ。 ところが普通は、網膜からの信号を視覚路がモニターしてサルやおじさんの像がなければ、それは存在していない(頭の中に浮かんだ像だ)と判断する。 しかし、視覚路が損傷していると、モニターする対象がないため幻覚を「現実に見ているもの」だと判断してしまうのだ。

第六章 鏡のむこうに

半側無視の話。

視野の左側にあるものを認知できない人の右側に鏡を置き、左側にある物体が右側にあるように見える状態にしたら、どうなるか。

物体が左側にあるとは思わず、鏡の後ろ(裏側)にあると思ってしまうのだ。

左側が見えなくなる半側無視が、脳の右半球の損傷によって生じることがポイントとなる。

第七章 片手がなる音

症例として示された「半側無視」「病態失認」が脳の半球特異性と関連がある、という考察が面白かった。 卒中などにより右脳(大脳右半球。「みぎのう」と読むこと。「うのう」ではない)の一部の機能が失われると、左半身が動かせなくなる。 ところが、左腕、左脚が動かなくなったことを認めず、「動かせる」と言い張る症例(病態失認)があるのだそうだ。

「論理的」な左脳は統一された身体感覚を維持しようとするが、「感覚的」な右脳は新しい状況により身体感覚を更新しようとする。

単純化すると「右脳は左翼革命主義者でパラダイムシフトをつくりだし、左脳は頑固な保守主義者で現状に固執する」という具合だ。

そこで右脳が損傷を受けると、左脳が優位となり、現状維持のために受容するのが困難な新しい状況(左腕が動かない)を否認し、「動かせる、現に動いている」と作話するというのだ。

第八章 存在の耐えられない類似

肉親がそっくりの別人(偽者、異星人)のように感じてしまうカプグラ・シンドローム。 顔はたしかに父親や母親そっくりなのだが、肉親らしい温かみを感じないので、別人ではないかと思えるのだそうだ。 電話では普通に感じ、話すことができる。

これはどうも記憶の形成の障害のようで、顔とエピソードの関連付けがうまくいかないことが原因らしい。 関連付けて一つのファイルに保存することができず、新しいファイルを作ってしまう。 つまり、元の人(ファイル)とは別の人(ファイル)だと認識してしまうのだ。

自分についても新しいファイルを作るようになると、自分が数人いるように思ってしまう。

第九章 神と大脳辺縁系

第十章 笑い死にをした女性

第十一章 「双子の一人がおなかに残っていました」

第十二章 火星人は赤を見るか


FrontPage   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS