#navi(本)

* 脳のなかの幽霊 [#jb62d1c0]

#amazon(4042982115,,image)

:原題|PHANTOMS IN THE BRAIN
:著者|V. S. ラマチャンドラン、サンドラ・ブレイクスリー
:翻訳者|山下篤子
:出版社|角川書店(角川文庫)

#clear

** 序 [#l0700e0d]

『[[サックス博士の片頭痛大全>http://mshi.no.coocan.jp/m_shi/bookfilm/book0209.html#02]]』や映画にもなった「レナードの朝」のオリヴァー・サックスが序文を書いている。

** はじまり [#v5eb3ed8]

** 第一章 内なる幻 [#h50a9e7a]

** 第二章 「どこをかけばいいかがわかる」 [#x2824d2b]

** 第三章 幻を追う [#v0ef4df7]

** 第四章 脳のなかのゾンビ [#x52c755d]

** 第五章 ジェームズ・サーバーの秘密の生活 [#b3bc063b]

視力がないことと、ものが見えないこととは違う。

「正常な」視力を持つ人の眼球にも、「見えない領域」がある。
眼球から視神経が束になって出て行くところ、「盲点」には視神経がない。
盲点は、次のような図形で検出できる(面白いので、作ってみたのだ)。

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2011/b_spot_1.gif,nolink,盲点検出図形)

右目をつぶるか、右手で隠し、上の図の右側にある点を左目で正面から見る。
点を見つめたまま顔を画面に近付けていくと、画面から30cmくらいのところで、左側の×印が消えるはずだ。

消えたとき、その部分が真っ暗になったりするわけではなく、背景の灰色で塗りつぶされたように見える。

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2011/b_spot_2.gif,nolink,盲点の上下の線はつながるか)

上のように、盲点の上下の線の一方が白、一方が黒でも、つながって見える。
つながった部分は、灰色のグラデーションに見える。

では、明度が近い反対色の場合はどうだろう? これは本書にない、[[日経サイエンス2010年5月号の記事>http://mshi.no.coocan.jp/pukiwiki/?cmd=read&page=%CB%DC%2F%C6%FC%B7%D0%A5%B5%A5%A4%A5%A8%A5%F3%A5%B9%2F2010%C7%AF05%B7%EE%B9%E6#o87ce515]]を参考にした[[ワシ]]のオリジナルの実験である。

#ref(http://mshi.no.coocan.jp/img2011/b_spot_3.gif,nolink,盲点の上下の線が色違いの場合は?)

どうだろう? [[ワシ]]は、上のオレンジ色と下の黄緑色がつながっていて、つながった部分は黄色味を帯びた灰色に見える。

赤と緑の区別がつきにくい色覚タイプのうち、D型の人の場合、この図の上下の色はほぼ同様に見えると思うのだが、盲点では同じような色で塗りつぶされるだろうか。

** 第六章 鏡のむこうに [#y2f67b3a]

** 第七章 片手がなる音 [#j6e0bfeb]

** 第八章 存在の耐えられない類似 [#p7842707]

** 第九章 神と大脳辺縁系 [#m70c5b78]

** 第十章 笑い死にをした女性 [#odf5276f]

** 第十一章 「双子の一人がおなかに残っていました」 [#l58e02a6]

** 第十二章 火星人は赤を見るか [#d1cf9e51]

FrontPage   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS