脳のなかの幽霊

原題
PHANTOMS IN THE BRAIN
著者
V. S. ラマチャンドラン、サンドラ・ブレイクスリー
翻訳者
山下篤子
出版社
角川書店(角川文庫)

サックス博士の片頭痛大全』や映画にもなった「レナードの朝」のオリヴァー・サックスが序文を書いている。

はじまり

第一章 内なる幻

第二章 「どこをかけばいいかがわかる」

第三章 幻を追う

第四章 脳のなかのゾンビ

第五章 ジェームズ・サーバーの秘密の生活

視力がないことと、ものが見えないこととは違う。

「正常な」視力を持つ人の眼球にも、「見えない領域」がある。 眼球から視神経が束になって出て行くところ、「盲点」には視神経がない。 盲点は、次のような図形で検出できる(面白いので、作ってみたのだ)。

盲点検出図形

右目をつぶるか、右手で隠し、上の図の右側にある点を左目で正面から見る。 点を見つめたまま顔を画面に近付けていくと、画面から30cmくらいのところで、左側の×印が消えるはずだ。

消えたとき、その部分が真っ暗になったりするわけではなく、背景の灰色で塗りつぶされたように見える。

盲点の上下の線はつながるか

上のように、盲点の上下の線の一方が白、一方が黒でも、つながって見える。 つながった部分は、灰色のグラデーションに見える。

では、明度が近い反対色の場合はどうだろう? これは本書にない、日経サイエンス2010年5月号の記事を参考にしたワシのオリジナルの実験である。

盲点の上下の線が色違いの場合は?

どうだろう? ワシは、上のオレンジ色と下の黄緑色がつながっていて、つながった部分は黄色味を帯びた灰色に見える。

赤と緑の区別がつきにくい色覚タイプのうち、D型の人の場合、この図の上下の色はほぼ同様に見えると思うのだが、盲点では同じような色で塗りつぶされるだろうか。

第六章 鏡のむこうに

第七章 片手がなる音

第八章 存在の耐えられない類似

第九章 神と大脳辺縁系

第十章 笑い死にをした女性

第十一章 「双子の一人がおなかに残っていました」

第十二章 火星人は赤を見るか


FrontPage   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS