現代医学に残された七つの謎
――研究者の挑戦を拒み続ける人体の神秘

著者
杉晴夫
出版社
講談社(ブルーバックス)

自然科学的な仮説の検証がしにくいため置き去りにされた研究分野、あるいは研究助成されなかったり研究者の能力不足によって成果の出ていない研究分野として「残された謎」の説明が試みられている。

内容的には面白いのだが、どうも語り口が硬くて睡魔に襲われるのはなぜだろう、と思いながら読んでいて、ふと気付いた。

大学生のとき、おじいさん先生の講義でこんなふうに感じたものだ。 提示される写真や図版が古いのもそっくりである。

以下、七つの謎についての著者の説明と、そこへのワシのツッコミを試みる。

鍼灸の治療効果の謎

ツボと経絡路は実在するか

臨床実験により効果があることは認められているが、ツボや経絡路の実在は確認されていない。

鍼灸治療を受けなくても、偽の治療(されたように被験者が感じる行為)であっても40%の治療効果があることから、プラセボ(偽薬)効果の影響が大きいことは間違いない。

ツッコミ→中国四千年の人体実験

鍼灸治療の有効性は、中国四千年の人体実験の結果、証明されたというか、どうも具合が良くなるようだという経験知の集積だろう。

きっといっぱい失敗して、死屍累々なんだろうなぁ。

うまく行った例の中には、そんな気がするだけというプラセボ効果もたくさん含まれているに違いない。 本当に効果があったのか、プラセボ効果なのか、それを確かめるためには実験計画を立て、二重盲検法を行い、統計的検定によって検証する必要がある。

皇帝相手に盲検法をやるわけにはいかなかっただろうけど……いや、やってたりして。

磁場の人体に及ぼす影響の謎

人体内に磁石はあるか

マウスを用いた実験では、エレキバンなどの静磁場による血管拡張効果が認められた。 しかし、人体に対して静磁場による治療効果があるかどうかは確認できていない。

ツッコミ→

磁気治療バンの効果については、たとえば磁石と同じような色・形の セラミック片を付けたバンを用いて二重盲検法で試験する必要がある のではないか。 統計的な有意差がなければ、人体におよぼす磁気の効果はプラセボ効 果だということになる。

もしも同程度の効果があったとしたら(効果がなかったとした ら?)、次のような宣伝ができそうだ。

「磁氣なんて古臭い。これからは遠赤外線効果のIRセラミックバンの 時代です!」

睡眠の謎

「病は気から」の謎

「天然リニアモーターカー」筋肉の謎

記憶のメカニズムの謎

人体の設計図の謎

ツッコミ→

細胞の核内のDNAだけが生命の設計図ではない。 それは確かだが、細胞質に生物体構築の役割をもとめるのはどうだろ う? 核外DNAと細胞質DNAのかかわりを考えると、細胞内も一つの生態系の ようである。

キリンの網目模様のことを考えてみたのだが、あの網目は種ごとにパ ターンが異なるので、おおまかなパターンの設計図は、やはりDNAに あるのだろう。 しかし、網目模様が発現するときには、個々の細胞のDNAから設計図 が読み取られて色が付けられる、というわけではないはずだ。 細胞どうしの会話によって、それぞれの細胞の役割が決まっていくと 考えられている。 設計図を元に生物体を構築する大工は、細胞たち自身なのだろう。


FrontPage   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS