#navi(映画)

* 宇宙戦争 [#hc3b8f88]

#amazon(B000FBHTO4,,image)

:原題|War of the Worlds
:監督|スティーブン・スピルバーグ
:主演|トム・クルーズ、ダコタ・ファニング

** この映画を観る前に…… [#t4a1a06d]

この映画を観る前に、ウェルズの原作『[[宇宙戦争>本/宇宙戦争]]』を読み、1953年の映画『宇宙戦争>映画/宇宙戦争(1953)』を観ておくことをオススメする。

そうでないと、やたら暗くて怖いだけで、何がどうしてどうなったのか、よく解らないからだ。
原作を読み、半世紀前の映画を観ておけば、いろいろ突っ込めるというものである。

** ダメオヤジ復権の物語? [#d05c2b1f]

トム・クルーズが自分勝手なダメオヤジを演じている。
奥さんは離婚して再婚し、臨月となっている。
子供たち(ティーンエイジャーの息子と幼い娘)にはまったく信頼されていない。

そのダメオヤジが、異星人の侵略と、そのパニックの中で子供たちを守り抜き、元妻の元に辿り着く。
……という、言ってみればダメオヤジ復権の物語である。

ご存知の通り(原作の通り)、異星人は地球の微生物にやられて死滅してしまうのであって、ダメオヤジが大活躍するわけでもないし、息子は一度失踪(というか参戦?)してしまうので、子供「たち」を守り切れたわけでもない。

そんなわけで、なんとなく見終わった後中途半端な感じがするのだ。

例によって「神の造った最小の被造物が地球を救った」的なナレーション((これ、スピルバーグが1953年の映画へのオマージュとして、つまりワザと古臭い台詞として入れたものなのかなぁ?))で締めくくられるのだが、そこで意地悪く「じゃあ神は、ダメオヤジの復権のために多くの罪のない人々を殺したのか?」なんて茶々を入れたくなってしまう。

それはさておき、いちおう SF 映画なのだから、科学的ツッコミを入れておこう。

** マシーン/トライポッド [#aeb28764]

戦闘マシーンは原作同様、&ruby(トライポッド){三本脚};である。
1953年の映画では「空飛ぶ円盤」のような浮遊する機械だった。
当時は三本脚の機械を特撮((「特撮」って死語かな? SFX と言えば良いのかな? それも古い?))で撮るのが難しかったからだろう。

巨大な三本脚の機械がビルをまたいで歩き回り、殺人光線を振りまいて人々を蒸発させ、高架橋を吹っ飛ばす。
そのあたりのイメージは、現代の映像技術の賜物で、じつに恐ろしい。

「いやぁ、こんなふうに侵略されたら、そりゃかなわんなぁ」と思いながら観ていて、ふと気になったのは三本脚歩行の方法である。
じつは、三本脚歩行というのは効率が悪いのである。

実際、三本脚歩行を行う動物は、ごくわずかだ。
三本脚歩行を行う、誰でも観察できる動物と言えば、カンガルーが挙げられる。
カンガルーがゆっくり歩くとき、後足2本としっぽを使う。
そのとき、後足2本が接地しているときにしっぽを足の近くに寄せ、しっぽが接地しているときに後足2本を前へ出す。
これを繰り返して移動する。

……という具合で、厳密には「三本脚歩行」ではない。
「二本脚+1歩行」とでも言ったほうが良いだろうか。
それに、カンガルーが高速で移動するときには、二本脚でジャンプしている。

三本脚のそれぞれ(一本ずつ)を交互に動かして移動する方法はないのだろうか。
よく考えると、三本のうちの一本を持ち上げると、残りの二本の接地点を結ぶ線上に重心を置かないとコケてしまう。
その状態で持ち上げた一本を動かせる範囲はけっこう狭い。
そこで、あまり速く移動できないのではないかと思う。

今度、レゴ(Mindstorm)でトライポッドを作って動かしてみようかなぁ。

** 地下の兵器への乗り込み方 [#q413222c]


** 「戦争」の恐怖とは [#raa0cb19]


** 地球人の立場 [#xc5e7622]

FrontPage   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS