ヤモリ

2012年6月23日

こんの夜の散歩に出る前に、雨が降っていないか確認するため、玄関から外に出た。

よしよし、雨は降っていないな、とドアを開けようとしたとき、玄関灯の下にヤモリを見付けた。

玄関脇の壁に貼り付いていたヤモリ

拡大

カメラを撮りに部屋に戻りながら、「ヤモリが居る」と言ったら、カミさんと下のムスメが見に出て行った。

下のムスメは「かわいい……」と言いながら写真を撮っていた。

カメラを縦位置にしてヤモリを撮った。向かって右側が下

拡大

ちなみに、ヤモリの指先には吸盤があり、垂直な壁にぺったり貼り付いて移動できる。 上の写真は90度回転しているので水平な面に居るように見えるが、じつは右側が下である。 まったく重力を無視しているかのような姿である。 正しい向きに直した写真は次の通り。

正しい向きに直したヤモリの写真

吸盤といっても、日常生活で使う真空を利用したものではない。 ヤモリの指先には分子レベルの細かい毛が生えていて、その毛が壁の表面の微細なでこぼこに吸着するのだそうだ。 吸着する「力」は、静電気による引力である。

ヤモリのサイズになると、静電気による引力で重力をキャンセルできるのだ。

守宮

ヤモリはトカゲの仲間の爬虫類である。 よく混同されるイモリは、サンショウウオと同じ両生類だから、生活場所も生態もまったく異なる。

漢字で覚えたほうがわかりやすいかも知れない。

イモリは漢字で「井守」と書く。 水中に棲み、水生昆虫や小魚やオタマジャクシを食べる。

一方、ヤモリは「守宮」と書く。 家に棲み、昆虫を食べ、家人を虫による害から守ってくれるのである。

2014年3月17日

夜の散歩から戻ってきたとき、こんが壁の一箇所のにおいをやたらと嗅いでいた。 なんだろう?とヘッドランプを点けると、ヤモリがいた。

家の壁に貼り付いていたヤモリとこん

拡大

トカゲは眼の色を変えて追いかけるこんだが、ヤモリはちょっと怖いらしい。 こんが恐る恐るにおいを嗅いでいるうちに、ヤモリは壁を垂直に登り、二階のほうまで行ってしまったのだった。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-17 (月) 21:32:39 (1980d)