トノサマガエル

仙台〜関東を除く本州、および四国・九州に生息する。 仙台〜関東には、見た目が似ているトウキョウダルマガエルが生息する。

……とはいうものの、捕獲して調べたわけではないので、ウチの近所の田んぼに出没するのが本当はどちらなのかわからない。

小さなトノサマガエル

2011年8月29日、毎晩のこんとの散歩に、TG-810 を持って出た。 夜の散歩中にもいろいろと面白いものを見つけることがあるが、携帯電話ではうまく撮れない。 かといって、一眼レフを持って出るのも面倒なので、コンパクトで防水(雨の日も気にしなくてOK)、「スーパーマクロ」で被写体に3cmまで接近して撮影できる TG-810 は「お散歩カメラ」としては充分である。

20110829畦道を横切る小さなトノサマガエル

拡大

さて、田んぼには再び水が入れられ、カエルの声が戻ってきた。 体長2〜3cmの小さなトノサマガエルが畦道を飛んで横切ろうとして、こんに追いかけられていた。

6月ごろ、田んぼの周囲の空気はカエルの鳴き声で、文字通り振動していた。 そのころ路上を右往左往していたトノサマガエルの子どもであろう。

上の写真は、「SマクロLED」モードで撮った。 シャッターボタンを半押しすると、ワンタッチライト(白色LED)が点灯し、レンズから7 〜 20cmの範囲を照らす。 そのまま LED 照明で撮れる。 ストロボ(フラッシュ)と違って光が柔らかい気がする。

参考

科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-20 (火) 23:58:42 (2892d)