トカゲ

ニホントカゲ

ニホントカゲ

拡大

漢字で書くと「日本蜥蜴」。 このように背中がシマシマで、尾が鮮やかなのは幼体。

ニホンカナヘビ

ニホンカナヘビ

拡大

漢字で書くと「日本金蛇」。 ヘビと呼ばれても、トカゲである。

登山用語

日当たりの良い岩の上などで昼寝することを、登山用語で「トカゲ」という。 上の写真のトカゲたちのように、ポカポカの陽気の中で長く伸びてじっとしているからだ。

ヌケガラ

ニホントカゲのヌケガラ

拡大

2012年7月14日、玄関先の草刈りをしていて、トカゲのヌケガラを見つけた。 脱皮の際に脱ぎ捨てた古い皮膚である。 背中の鱗や手指の一本一本まで、よくわかる。

この日は庭で「トカゲ」をしているカナヘビを見て写真を撮ったりしたので、ヌケガラを見つけたとき「カナヘビのヌケガラだ」と思った。 しかし、よく見ると背中の鱗がすべてつやつやと丸い。 これはカナヘビではなくニホントカゲの特徴である。

直前に見て印象付けられたものに引っ張られて誤った判断をしなくてよかった。 確証バイアスには気を付けないとね。

ミミズを捕食

ミミズを捕食するニホントカゲ

拡大

2012年8月4日、芝生の上で大きなニホントカゲが暴れているなぁ、とよく見ると、ミミズをくわえていた。

そのまま土の中から引きずり出して食い、まだ口から少しはみ出している状態で、もう一匹捕まえて引きずり出していた。

二匹目を半分口から出したまま、茂みに去ってゆくトカゲの尾は短く、再生途中だ。 ひょっとすると、こんが捕まえそこねた個体かも知れない。

我が家の庭は、過酷な生存競争の場である。さまざまな食物連鎖が観察できる「食のパラダイス」なのだ。

参考

科学的逍遥日誌

元祖【科学的逍遙


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-06 (月) 23:35:01 (2506d)