シュレーゲルアオガエル

「シュレーゲル」と洋風の名前が付いているが、外来種ではなく日本固有種である。 命名者がシュレーゲルさんなのだ。

成体

こんと近所の公園を散歩していたら、シュレーゲルアオガエルがいた。

2012年4月26日、こんと夜の散歩中に見つけたシュレーゲルアオガエル?

夜だし、携帯電話(スマートフォン)しか持っていなかったのでピンボケ、ブレブレの写真である。 上の写真は懐中電灯の明かりで、下の写真はスマートフォンのLEDストロボで撮ったもの。

2012年4月26日、こんと夜の散歩中に見つけたシュレーゲルアオガエル?

しかし、本当にシュレーゲルアオガエルだろうか?

体長が4cmを超えていて、鼻先も尖っていたので、アマガエルではない。

斑点のないタイプのモリアオガエルの可能性はないか?

郊外とはいえ、地方都市の公園にモリアオガエルなんているか? と思われそうな環境だが、15年ほど前、この公園の清掃活動の際に刈った草の間から飛び出したのを目撃しているのだ。 あの斑点は間違いなくモリアオガエル、だと確信している。 残念ながら、そのときには携帯電話なんてものは持っていなかったので、写真はないのだ。

科学的逍遙日誌

卵塊

千葉県流山市の休耕田で、シュレーゲルアオガエルの卵塊を見つけた。 はじめは、発泡スチロールが浮いているのかと思った。

1981年5月千葉県流山市にて採集したシュレーゲルアオガエルの卵塊(上面)

拡大

ひっくり返してみると、白い卵が見えた。

シュレーゲルアオガエルの卵塊(下面)

拡大

数日後、卵は幼生(オタマジャクシ)になり、卵塊を溶かして脱出しはじめた。

シュレーゲルアオガエルの卵塊(下面)

拡大

幼生

シュレーゲルアオガエルの幼生

拡大

卵から孵ったばかりの幼生は、腹に大きな卵黄を抱えている。

シュレーゲルアオガエルの幼生

拡大

見た目は魚の子供にそっくりである。

動物の発生の過程は、系統発生の繰り返し、つまり進化の道筋をたどるものだと言われる。

だが、わざわざ形成した立派な尾の細胞を自己破壊して融かして吸収するなど、ムダに思える工程もある。

まぁ、生物の進化は、「たまたまうまく行ったからこの方法でやれば生き延びられる」という理屈(遺伝的アルゴリズム)によるのだから、迂遠な道のりでもそのままたどっちゃうわけだ。

のっぺらぼうの卵からオタマジャクシの体ができてくる発生過程をつぶさに見ると、うまいこと形づくられるものだなぁと感心するとともに、造物主が「えいやっ」と作ったという創造説は妄想だよなぁと思えてくるのだ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-02-16 (土) 23:24:30 (2312d)