理想の庭

2010年9月20日、庭でくつろぐこん

拡大

裸足で歩ける庭

約20年前、横浜の新興住宅地に建ったばかりのテラスハウスを借りたときから、理想の庭を目指して試行錯誤をしてきた。

途中、庭が砂利敷きという借家を経て、現在の家に越して7年、ようやく理想に近い状態になった。

理想の庭の一つの条件が、「裸足で歩ける庭」である。

植木の根本まで芝を敷き詰め、裸足で歩いたり寝転んだりできる庭。

ヒメコウライシバを市松模様に敷いて養生すること3年で、いちおう芝生ができたが、その後の手入れがけっこう大変だった。 このところ自治会の用事で土日が潰れることが多く、庭の芝も伸び放題だった。

芝といってもヒメコウライシバではなく、勝手に生えてきたメヒシバやアキメヒシバである。 BOSCH の電動草刈り機を振り回して奮闘すること2時間、ようやく写真のような状態になった。

2010年9月20日、芝生の真ん中に腹這いになるこん

拡大

草を刈っているときには、草刈り機の音が怖いこんは、家の中に避難していた。 草を刈っていなければ大丈夫。 こんは早速芝生に腹這いになる。

人間が裸足で歩ける庭は、イヌにとっても心地よい庭なのだ。

こんの隣にしゃがむと、早速「なでて」と催促(「こん/オオカミがイヌになったわけ」参照)。 こんをなでながら、カツラとその上の秋空を見上げる。

……これで、薮蚊にたかられなければ、より理想的な庭なのだが。

参考

科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-20 (月) 22:02:05 (3316d)