フクロウ

2009年3月25日夜21時過ぎ、近所の公園の奥を散歩しているとき、フクロウの声を聞いた。

三日間降り続いた雨が上がったので、こんが遠くへ行きたがった。 そこで公園からさらに奥の道まで行き、帰ってくる途中だった。

ホ・ホゥ…… ホロッホ・ホッホゥ……

「五郎助奉公」という聞きなしの通りである。 この近辺で夏に聞くアオバズクの声よりも、低くて深い声である。

大きな木の枝にいるようだったが、姿は見えなかった。 眼でも光らないかと懐中電灯の光を向けてみたが、よくわからない。 声だけが谷戸に響いていた。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-25 (木) 22:03:22 (3527d)