ツバメ

ツバメの幼鳥を「保護」する

ツバメの幼鳥は地上では無力だ

2008年6月4日の朝、通勤途上の道端にいるツバメの幼鳥(ようちょう)を見つけた。 はじめは枯れ葉か何かと思ったのだが、通り過ぎてからツバメの幼鳥だと気付き、クルマを止めた。 住宅地の中とはいえ車道なので轢かれかねないし、止めたクルマのすぐ前をネコが横切って行ったくらいだから、危険である。

そこで「保護」することにしたのだが、もちろん、ウチに連れて帰ったりしたわけではない。 拾い上げて近所の家の石塀の上に置いてやっただけである。

巣立ったばかりの野鳥を育てるのは難しい。 餌をやるのが大変とか、そういう意味ではなく、育て上げることができず殺してしまう結果になりかねない。 手当てをしないと死んでしまうような病気や怪我でない限り、野鳥は飼おうと思わないほうが良い。 野鳥を飼うには知事の許可が必要だしね。

近くで親が見ているはずなので、安全なところに避難させるのがベストなのである。*1

通勤の道すがら駅でムスメを降ろす都合があったので、写真を撮る余裕もなく再びクルマに乗り込んでその場を去った。 それにしてもどうして、巣立ったばかりの幼鳥というヤツは、地上に落ちるとあんなにも無力でされるがままなのだろうか。

幼鳥の写真

へんな絵だけではなんなので、写真も載せておこう。 ツバメの幼鳥というヤツは、本当に「口のはたが黄色い」というか「くちばしが黄色い」というか、幼い顔つきである。

20020525電線にとまるツバメの幼鳥

でもよく見ると一人前に喉も赤いし、もうちょっと尾羽が長くなって口のはたが黄色くなくなれば、親と見分けがつかない。

20020525巣立ったばかりで親を待つツバメの幼鳥

拡大


*1 もちろん、何もせずに放置する、という方法もある。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-05 (木) 21:48:56 (3547d)