ジョウビタキ

2010年2月7日、庭にやってきたジョウビタキ。背景は隣家

拡大

いつもは庭にちょっと留まるだけのジョウビタキだが、庭の手入れをしていると何度もやってきて、ちょっとやそっとでは逃げない。 土を掘り返すと虫が出てくるからだ。

2010年2月7日、庭で虫を探すジョウビタキ。タヌキが見ていても平気

拡大

銀色の頭と橙色の腹。黒い羽に白い紋。黒い顔につぶらな瞳。 オスのジョウビタキは華麗で可憐だが、行動はオマヌケである。

ほんの2〜3メートルのところにワシが立っているのに、あまり警戒しない。 警戒に要するエネルギーや逃げ回るエネルギーを節約するメリットをとり、襲われるリスクというデメリットを受け入れる、という生存戦略を採っているのだろうか。

2010年2月7日、こんがいても平気なジョウビタキ

拡大

こんが居ても逃げない。 こんも1〜2回追ってみて、逃げないものだから飽きてしまったようだ。

カメラを変えて

上の写真は、OLYMPUS E-20(2002年2月購入)で撮影したもの。次の写真は、同じ日に同じジョウビタキを OLYMPUS SP-565UZ(2009年3月購入)で撮影したものである。

2010年2月7日、SP-565UZの野鳥モードで撮影したジョウビタキ

拡大

コンパクトカメラとはいえ光学ズーム比が大きく、「野鳥モード」なんていうデジタルズーム併用機能があるためか、とても鮮明に撮れている。 カメラが変わると撮れる写真も変わるなぁ、どうだい。

……と言いたいが、じつは撮影者も変わっている。 このジョウビタキの写真を撮ったのは下のムスメである。

ワシは老眼のためにファインダー内でピントがあっているのかどうかイマイチ自信がなかったりするし、カメラを持ち出すことすら億劫になってしまったりする。 若いもんには敵わんな。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-20 (土) 14:01:45 (3531d)