野生動物を観察する

観察しているのはどっちだ?

アラスカ・デナリ国立公園にて、Dall's sheep を観察する人々

アラスカ・デナリ国立公園にて、Dall's sheep(ダルシープ、ドールシープ)を観察する人々(赤い矢印の先の点)。

野生動物を観察しているとき、ふと、観察しているのはどちらだろう、と考えてしまうことがある。

上の写真を拡大

映画『ネバー・クライ・ウルフ』参照

観察は辛いよ

日本でも、夏の亜高山帯ではブヨに悩まされる。 野生動物が居るところには、カやアブ、ダニやヒルといった吸血性の虫も多い(ダニもヒルも昆虫ではないけど、まぁ「虫」と言ってしまえ)。

寒ければ手が凍えて野帳(フィールドノート)が書けないし、暑ければしたたる汗が文字をにじませる。 雨が降れば紙が湿って鉛筆が食い込む。

そして(観察者が年取ってくると)一番辛いのは眠気だ。 多くの野生動物は薄明薄暮にさかんに活動し、日中は休んでいる。 ときおり採食や求愛、攻撃などの面白い行動が見られることもあるが、大体は寝ている。 フィールドスコープの向こうで寝ているニホンカモシカやシカを見ているうちに意識を失い、気が付くと視野には何も居ない、なんてこともあるのだった。

足尾の定点観察ポイントにて

足尾の定点観察ポイントにて(日誌/2006-11-25より)。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-01 (木) 23:55:44 (4307d)