ニホンジカ

愛鷹山のニホンジカ

2009年1月21日、愛鷹山の水神社のすぐ上の林道をこんと散策していたら、ニホンジカと遭遇した。

足跡やシカ道などたくさんの痕跡を見かけるので、愛鷹山にシカがいることはわかっていたが、これまでなかなか出会うことがなかった。 シカの足跡の匂いを嗅ぎながら小走りに歩いていたこんが急に走り出したので、カーブの先を見ると、シカの上半身……というか首から先が見えた。 しかも、シカはコチラに気付いていない。 ……ということで、携帯電話のカメラを起動して、こんに行っていいぞと合図すると……。

こん、ニホンジカに遭遇

拡大

シカはワシが蹴飛ばした石の音に気付いて逃走した。

携帯電話で撮影したので画質はイマイチだが、4頭の白い尻がわかる。 大きなメスのオトナ(アダルト)が1頭、前の夏に生まれた当歳仔(フォーン)が1頭、さらにその前の夏に生まれた子供というか「中供」(ジュベニール)が2頭。 このほかに右手の斜面でもガサガサ音がしていたので、あと2頭以上いたと思う。

ニホンジカの部分を拡大

もう少しマシなシカの写真は、以下でご覧いただきたい。

丹沢のニホンジカ

丹沢山塊には、多くのニホンジカが棲む。

丹沢山頂のニホンジカ(若いオス)

拡大

丹沢山や蛭ガ岳山頂のニホンジカは人に慣れていて、平気で寄ってきた(1980年代の話である)。 あまりになれなれしく食べ物をねだるので、鼻面をぶん殴ったりしたもんである。 野生動物に餌を与えてはいけないのだ。

蛭ガ岳付近で見かけた2頭のニホンジカ(モノクロ写真)

拡大

やはりシカは、少し離れたところから、自然なリラックスした姿を見たいものである。

金華山のニホンジカ

金華山のニホンジカ(オスの集団)

拡大

宮城県の金華山島のニホンジカは、密度の高い個体群としてよく知られている。 あまりに密度が高いために、対岸の本土へと海を泳いで渡るものも居るとか。

シカの食圧により、草は芝生状に、低木は盆栽状になっている

拡大

シカの密度が高いことは、植生を見れば解る。 食圧により、草は芝生状に、低木は盆栽状になっている。

シカの食圧によってディアラインができている

拡大

高木の下枝もシカが食べてしまうため、シカの口が届く範囲の葉や枝がなくなっている。 横から見ると、地表から高さ1.5メートルくらいのところに「線」ができている。

ディアライン

これをディアライン(deer line)という。 ディアラインのできている森林は、林床の見通しが良い。

ここにもディアラインができていて、林床の見晴らしが良い

拡大


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-05 (月) 23:50:39 (3607d)