ONE PIECE

著者
尾田栄一郎
出版社
集英社

破天荒な冒険物語

「海賊王」を目指し、ONE PIECE(ワンピース)と呼ばれる「ひとつながり財宝」を求める旅に出た少年、モンキー・D・ルフィとその仲間たちの物語。

ワシがこの手のマンガを読むというと驚かれることも多いのだが、面白いものは面白い。 夢を追うこと、仲間を信頼すること、非道・卑怯に屈しないこと、といった少年マンガに必須の要素が満載である。

まぁ、どんどん強い敵が出てくるので、主人公たちの技がだんだんエスカレートしていくという「技のインフレーション現象」が見られたり、必ず技の名前を叫んだりするという例のパターンも見られるが、その辺は軽く読み飛ばそう。

ファンタジーなので科学的ツッコミは無粋だが

あえてツッコミを入れさせていただく。

ルフィは「ゴムゴムの実」を食べた結果、身体が伸び縮みするようになったゴム人間である。「ゴムゴムの実」は「悪魔の実」の一種で、その実を食べることで特殊能力を身につけることができるのである。『ONE PIECE』には、それこそありとあらゆる「悪魔の実」による能力者が登場し、ありえない能力を披露する。

それはさておき。

ゴム人間なので、ルフィは腕や脚を伸ばし、敵に強力なパンチやキックを見舞わせることができる。 このパンチなどが、質量保存則・エネルギー保存則に違反しまくりなのだ。

そもそも、エネルギー保存則に違反させないと「パンチ力」がないのだから。

op01_1.jpg

まず、なんとかしてゴムを伸ばして弾性エネルギーをためる。

 
op01_2.jpg

ゴムが元の状態に戻るときに、弾性エネルギーが運動エネルギーに変化する。 運動エネルギーが最大になるのは、弾性エネルギーがゼロのとき、つまり元の位置のときだから、正常な腕の位置である。

 
op01_3.jpg

正常な腕の位置から伸びていくとき、運動エネルギーは弾性エネルギーに変わる。 運動エネルギーはだんだん減少し、「ピストル」の速度は遅くなる。

 
op01_4.jpg

しかも恐ろしいことに、敵に運動エネルギーを移すことができなければ、そのエネルギーは自分に返ってくる。

「ゴムゴムのピストル」は、強力なバネで弾丸を打ち出し、しかも弾丸に強力なバネがくっついたままのようなものなのだ。 「ピストル」は、やはり弾丸を発射しなければ効果がないのである。

……といって、拳を発射しちゃうわけにはいかないからねぇ……。 ……というふうに考えると、「ゴム」で「弾丸」を発射しているウソップのほうがルフィより「強い」ことになりはしないか?

ちなみに、映画『トリック2』では、阿部寛演じる上田教授が「ゴムゴムのピストル」を披露していた。 同じ「ゴムゴムの実」の能力者と戦うときに、なぜかリーチの差が関係するというオチなのだが、その実写の(コンピュータ合成だけど)ゴムゴムのピストルがとても不気味なのだ。 袖口から肌色の腕がニューッと伸びるのである。

なんでマンガやアニメなら不気味でないのに実写になると不気味なのか、考えてみた。

その理由はたぶん、「太さが変わらないから」である。 ゴムであろうと生身であろうと、伸びたらその分、細くならないと変だ、と直感的に思うからだろう。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-03 (月) 22:44:32 (3094d)