21世紀少年(上)

著者
浦沢直樹
出版社
小学館

ようやく最終章だ

22巻に及んで未完の『20世紀少年』を完結させる最終章。 とりあえず「上巻」の初版1刷を買って読んだ。

「上巻」ってことは、次の「下巻」で完結するのかな?  ひょっとして、「上」「中」「下」の3巻構成だったりして?

……なんてことを考えさせちゃうほど、「まだ」結末が見えない。

「ともだち」は誰なのか?  地球の危機は回避できるのか?  ケンジはなぜ「ともだち」に悪の大王と呼ばれたのか?

長大だが、「長過ぎる」と感じないわけ

『20世紀少年』の感想として、「長過ぎる」というものをよく見る。 まぁ、確かに長い。 単行本を並べると、書棚1段に収まりきらない。

しかしワシは、「長過ぎる」とは思わない。 ひょっとすると、描かれている時代のディテールに対する感じ方の差だろうか?  そうすると、申し訳ないが、この作品を本当に楽しめるのは、ワシらの世代だけかも知れない。

大阪万博を、アポロ11号の月面着陸をリアルタイムに知っている世代。
空き地に秘密基地を作った世代。
駄菓子屋で買い食いして親に叱られた世代。

21世紀少年(下)

「20世紀少年」完結

「上・中・下」になったらどうしよう、と思っていたが「上・下」で完結して良かった。

それはともかく、「え、これで終わりか」という気がしたのは事実だ。 もう一ひねりあっても良かったような気もするし、「ともだち」の正体にしても、すべてが腑に落ちたわけでもない。

……だが、一晩くらい経ってから、徐々に効いてきた。 そして思ったのだ。

「こりゃあ、もういっぺん第1巻から読み直さなきゃなるまい」

登場人物も多ければ、ちゃんと終わっていない(ように思う)エピソードも多いので、通しで読まないと納得できない部分がある。 巨大ロボットが再度動き始めてから、これまでに登場した主要な人物がチョイチョイっと顔を出すが、「えーと、この人誰だっけ」と思ったり、「この人が出てくるのになぜあの人は出てこない」と思ったり。

「こりゃあ、もういっぺん第1巻から読み直さなきゃなるまい」

……超長編マンガならではの、ずるい戦略だねぇ。

『20世紀少年』『21世紀少年』の科学

近未来、それも「明日」と言って良いような近未来が舞台なのだが、現在の科学技術ではとうてい作れないだろう、というような科学的ガジェットがいくつか登場する。 もちろん、これらを「非科学的だ」と批判するつもりはない。 だって、SFマンガなんだもん。

反陽子爆弾
ワシらの年代にとっては、反陽子爆弾といえば手塚治虫の『W3(ワンダースリー)』に登場する惑星破壊兵器である。だから、反陽子爆弾と聞くだけでドキドキしちゃうのだが、反物質(反陽子)の量によっては、地球を破壊するほどの効果はないかも。反物質を爆弾に使う、ということについての(やや)リアルな設定は、ダン・ブラウンの『天使と悪魔』にも登場する。反物質を作ることは、粒子加速器を使えばできるらしい。ただ、貯蔵するのが難しいのだそうだ。まして、地球を破壊するほどの量の反物質を集めて保存するためには、かなりの技術的困難が伴うだろうね。それはともかく、『W3』の反陽子爆弾の起爆スイッチがカモに変身したプッコの羽毛の間に隠せるくらいコンパクトだったのに対して、『21世紀少年』の反物質爆弾の起爆スイッチときたら……。ニヤリとさせていただきました。
空飛ぶ円盤
この作品の中で、何気なくリアリティを損なうモノが、空飛ぶ円盤と超能力だ。まぁ、カンナのテレパシーや「神様」の予知能力などの超能力は、極めて限定された形で使われているので、SFとしては許せる範囲だ。だが、空飛ぶ円盤のほうは……推進力は何か、重力の制御はどうやっているのか、とか、「?」がいっぱい出てきてしまう。重力制御が簡単にできるとなると、輸送や工業は根底から変わってしまうからね。
バーチャルアトラクション
じつは、この物語の隠れた主役……というかメインのガジェットかも知れない。巨大ロボットや反陽子爆弾よりも、物凄いテクノロジーだと思った。 単なるバーチャルリアリティではなく、バーチャル空間内に構成された登場人物が、それぞれ「考えて」行動しているように見える。また、現実世界と相互作用しているような部分もある。現実世界では死んでしまったのにバーチャル世界に残された万丈目(まんじょうめ)の残存思念というか幽霊と現実世界のカンナと交信したり……。まぁ、ある意味ものすごくSF的だよね。フィリップ・K・ディック的と言ってもよいかもしれない。現実世界ではうまく行かなかったことを、バーチャル世界でうまく行くようにしていく……という話は、グレッグ・ベアの『ブラッドミュージック』やグレッグ・イーガンの『順列都市』にも出てきて、妙なことに安心感があるのだ。(現実世界の)僕たちは失敗したけど、(仮想世界の)君たちはうまくやってくれよ、という祈りにも似た感覚である。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-30 (日) 13:55:50 (4279d)