薔薇の名前

著者
ウンベルト・エーコ
翻訳者
河島英昭
出版社
東京創元社

中世北イタリアの僧院を舞台とする連続殺人事件

ヨーロッパ随一の蔵書を誇る文書館を有する僧院。 その僧院で、次々と修道士が殺されていく。

僧院長からその殺人事件の調査を依頼されたのが、別の使命を帯びてその僧院を訪れたウィリアム修道士と、見習修道士のアドソである。 『薔薇の名前』は、年老いたアドソが若き日に経験した7日間の出来事を回想する手記という体裁で書かれている。

自然哲学者バスカヴィルのウィリアム

フレンチェスコ会の修道士、バスカヴィルのウィリアムは、ロジャー・ベーコンを師と仰ぎ、オッカムのウィリアムを友に持つ。 オッカムのウィリアムといえば、あの「オッカムの剃刀」のオッカムである。

修道士であるから当然信仰の厚いキリスト教徒でありながら、バスカヴィルのウィリアムは自然哲学的手法、つまり自然科学的な思考方法を武器に、殺人犯とその動機を追う。 幽霊の存在や悪魔の所業を信じず、必ずや誰か生きた人間が、何らかの目的を持って殺人を繰り返しているのだと考えるのだ。

その目的が、文書館に秘匿された特別な本であることを知ると、迷宮さながらの文書館の秘密の隠し場所を探す。

……ということで、『薔薇の名前』はキリスト教の異端に関する論争(当時の宗教者達の口を借りての論争)を描く物語であると同時に、ミステリーでもある。 どちらかというと、ワシはそのミステリーの要素のほうを楽しんだのだが。

何といっても、イギリス人のウィリアムの生地がバスカヴィル、と聞くと、どうしてもシャーロック・ホームズが脳裏に浮かんでくる。 その風貌もホームズを思わせる。

並の人間より抜きんでた背丈、しかも痩せていたので、実際よりも高く見えた。目はあくまでも鋭く、見つめると相手を射抜くみたいだった。少し曲がった鉤鼻の細い鼻、それが師の表情に隙のない気配を与えていた。ただしときたま、著しく弛緩した状態が訪れたが、これについてはいずれ述べることにしよう。(上巻29ページ)

映画では、ショーン・コネリーが演じていたが、ジェレミー・ブレットのほうがピッタリだったかも知れない。

一方のアドソの役割は、もちろんワトソンである。 もちろん、記録する者、補佐する者という役割についてであって、アドソは中年のワトソン博士と違い、頬に産毛の残る少年である。 もっとも、ときおり鋭い指摘をして探偵を感心させるところまで「同じ」だ。

書物について語る書物

「書物というのは、信じるためにではなく、検討されるべき対象として、つねに書かれるのだ。一巻の書物を前にして、それが何を言っているのかではなく、何を言わんとしているのかを、わたしたちは問題にしなければならない」(下巻100ページ)

原理主義者に言ってやりたいですな。

「お前に言っておくが、こういう聖遺物匣にあまり見蕩(みと)れてはいかんぞ。聖十字架の破片ならば、別の教会でも、たくさん見てきた。それらがみな本物ならば、われらの主は二本の交差した木片に打ちつけられたのではなく、ひと山の森の木材を使って(はりつけ)になったことになるだろう」

師匠(マエストロ)!」私は憤然として言った。

「そんなものだよ、アドソ。もっと豊かな財宝だって、この世にはある。ずっと以前の話だが、ケルンの大聖堂で、洗礼者ヨハネの十八歳のときの頭蓋骨に、わたしはお目にかかったことがあるぞ」(下巻266ページ)

「頼朝公十五のみぎりのされこうべ」と同じような戯言が、西洋にもあったのだね。

「恐れたほうがよいぞ、アドソよ、預言者や真実のために死のうとする者たちを。なぜなら彼らこそは、往々にして、多くの人びとを自分の道連れにし、ときには自分たちよりも先に死なせ、場合によっては自分たちの身代わりにして、破滅へ至らしめるからだ」(下巻370ページ)

イスラム原理主義者による自爆テロや、キリスト教原理主義者による「聖戦」を思わせる。 エーコがウィリアムの口を借りて述べているように、自らを神の代弁者や神の手であると威張る輩には、警戒しないとね。 もちろん、イスラム教やキリスト教が悪いわけではないし、宗教でなくても「狂信者」は居る。 まずは身近なところで、自信たっぷりに語る連中を警戒しておくかな。

私は思い切って、自分の生涯において最初であり、かつ最後であったが、神学上の推論を口にしてみた。「でも、どうして存在し得ましょうか、可能性を全面的に織り込んだ必然的存在などが? どのような差異が、それならば、あるのでしょうか、神と原初の混沌とのあいだに? 神の絶対的全能とその選択の絶対的自由とを肯定するのは、神が存在しないことを証明するのに等しいのではありませんか?」

何だか似たような話が、『銀河ヒッチハイク・ガイド』にもあったような気がするなぁ*1


*1 映画のほうでも、DVDの特典映像にあった。神の存在が証明されてしまうと、証明されたことによって神は存在できなくなるとか、そういう理屈だったかな? まぁ、こういうことを考えて楽しめるのは、無神論者の特権かな。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-30 (日) 22:00:07 (3851d)