憑神(つきがみ)

著者
浅田次郎
出版社
新潮社(新潮文庫)

貧乏御家人が苦し紛れというか酔った勢いというか、小名木(おなぎ)川の土手にあった小さな(ほこら)に出世を願ったところ、神が憑いた。 ところがその神が、貧乏神であったから、さあ大変。 ……ということで、侍と邪神との奇妙な駆け引きが始まる。

時代設定が幕末であるから、侍の矜持(きょうじ)(プライド)も廃れている。 文武両道に秀でていても、主人公の別所彦四郎には御役目も金もない。 ただ武士らしく真面目に生きるのもままならない。 そんな主人公の煩悶がこの小説のメインテーマのようだ。

幕末も幕末、鳥羽伏見の戦いから徳川慶喜が逃げ帰ってきたり江戸城が無血開城されたりと、時代は急速に動き、徳川の太平の世も終わろうとしている。 そんなとき、将軍の影武者となることを御役目とする御徒歩(おかち)組の侍は、どうすればよいのか?

以下、この物語の展開を楽しみたい人は、読んではいけません。

うーむ。 ミステリーではないからかな。 それとも、武士の価値観に同意できないからかな。 今ひとつ、主人公に感情移入できなかった。

やっぱり、榎本武揚や勝海舟のほうが好きだなぁ。

彦四郎の元同僚、修験者でもある村田小文吾が言う。

「貧乏神が大店(おおだな)のあるじ、疫病神が相撲取りとくれば、いたいけな子どもが死神というのもさもありなんというところだな」(249ページ)

主人公にとりつく貧乏神・疫病神・死神のキャラクターがよかった。 畠中恵の『しゃばけ』の妖怪たちといい勝負だ。

神にもいろいろあって働きが悪いと上司(?)に叱られるとか、そのあたりの設定は『椿山課長の七日間』に通じるところがありそうだ。 まぁ、神も人間が作ったもの(ミーム)だから、同じような階級社会やノルマ達成の義務があったりするのかねぇ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-06-06 (水) 21:22:31 (4455d)