螺鈿迷宮

著者
海堂尊(かいどう たける)
出版社
角川書店

終末医療をめぐるミステリー

第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した『チームバチスタの栄光』、『ナイチンゲールの沈黙』に続く三作目。 前作、前々作と同じ町の「もうひとつの病院」が舞台となる。 前作の中で何かと話題に上っていた、桜宮病院の「謎」をめぐるミステリーである。

主人公はおなじみ「愚痴外来」の田口講師ではなく、医学生の天馬大吉。 例によって厚生労働省の変人役人、白鳥調査官が登場する。 前作、前々作を読んでいると、「出たなぁ」という感じである。

そしてついに、白鳥調査官の唯一の部下、「氷姫」こと姫宮が登場する。 姫宮のキャラクターもぶっ飛んでいる。 と言っても、白鳥調査官とはずいぶん違うぶっ飛び方だが。

姫宮は、自分の発した言葉の残響に、はっと眼を見開く。
「何て偶然なの。天馬さんがペガサスのような人生を送るなんて」
ひとりで感動に打ち震えている姫宮を、僕は呆然と見つめた。 星座と血液型を重ねあわせると占いの精度が向上するとでもいうのだろうか。

例によってユーモアの要素も盛り込まれていて、今回の笑いは主人公の災難と、三婆によってもたらされる。 主人公の災難は、……いや、ネタバレになるのでやめておこう。 元気な三婆による掛け合いというか突っ込み合いには思わず笑ってしまうが、後半、これが効いてくる。 三婆の一人が作る肉ジャガの味とか。 最後に田口講師も出てくるし。 ほんの一言二言しか台詞がないけど。

一方、物語の中核となる終末医療をめぐる桜宮病院の医師たちの考え方には、あまり共感できない。 まぁ、確かに、自分が死に掛けたとき、管だらけの延命治療をされたいか、と言われると、イヤではあるが。

また、本作のミステリとしての出来について。 隠れた事実を紐解く、謎を解明する、という要素はあるが、犯人探しやアリバイ崩しの要素は希薄だ。 ちょいと意表を衝かれたのは、死体を隠す方法。 まぁ、木を隠すなら森の中に隠せ、死体を隠すなら死体の中に隠せ、というわけだが、それが文字通り、……(以下自粛)。

あともう一つ気になったのが、あまりにも関係者が一堂に揃いすぎること。 まぁ、一つの町が舞台になっているのだし、お話だからね。

ラストでは、この設定での続編の登場が匂わされる。 次作でも、また白鳥調査官が暴れるのだろうが、田口講師や藤原看護師は登場するのだろうか?

2006年12月30日読了(借り物)

文庫になったので買ってまた読んだ

著者
海堂尊(かいどう たける)
出版社
角川書店(角川文庫)

時系列的には、『チーム・バチスタの栄光』→『ナイチンゲールの沈黙』→『ジェネラル・ルージュの凱旋』→『螺鈿迷宮』なのかな?

……よく考えたら、「現在」20代後半の娘が町の「わらべ歌」に歌われるって、どういう町なのだろう?

2008年12月7日読了


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-09 (火) 22:44:31 (3842d)