野性の呼び声

原題
THE CALL OF THE WILD
著者
ロンドン
翻訳者
深町眞理子
出版社
光文社(光文社古典新訳文庫)

子供のころ、子供向けの本で読んだ記憶がある。

裕福な家庭で何不自由なく暮らしていた犬のバックが、悪者にさらわれてアラスカに売り飛ばされ、犬ぞりを引かされるなど過酷な生活を強いられる。 でもそのうち信頼できる主人と出会うことができ、幸せな生活を送るのだが、やがて野性の血が目覚めてオオカミの群れに入り、リーダーとなる。 ……という話だと思っていた。

まぁ、大筋では間違っていなかったが、感じが大部違う。 訳者があとがきに「ロンドンの用いた言葉を一語一句ゆるがせにせず、それを用いた作者の意図をできるかぎり訳文に反映させたい」と書いている通り、原著に忠実な訳ならでは、というところもあるだろう。

そして何より、読んでいるワシ自身がそれなりの人生経験を積み、アレコレ見聞きした光景や体験から、作品中の情景をより鮮明にイメージできるようになったのも、大きな要因だろう。 本というものは、時間を置いて読み直すべきものだねぇ。

光景や体験といえば、作品の舞台となったアラスカ*1を(夏だけど)訪れた経験は大きい。 カリブームースが徘徊する平原、ビーバーがダムを作る湿地、サケの遡行する川、針葉樹の森。 そこを駆け抜けていくオオカミの群れ、その先頭に立つ大きなシェパードの雑種犬。 子供のころには不可能だったイメージの創出が、今なら可能なのが嬉しかった*2

もちろんこんを飼うようになってから、よりイヌの視点でモノを見るようになったことも挙げられる。 この物語の中で涙を堪えられなかったところは二箇所。 第4章で同僚犬のデーブが落伍するところと、第6章でバックがジョン・ソーントンと交歓するところである。 第4章を読み終えたところで、昼寝しているこんのところへ行って抱きしめたが、こんは外の通りを巡回中の灯油販売の車の放送が気になって(怖くて)抜け出していってしまった。

さて、この物語では、人間はバックの生涯を通過していくだけのものとして描かれる。 ミラー判事と子供たち、赤いセーターの男、カナダ政府の急送便送達吏(クーリエ)のペロー、その犬橇御者のフランソワ、チャールズとマーセデスの夫妻とその弟のハル、そしてジョン・ソーントンとピートとハンス。 最初の主人であるミラー判事と子供たちは〈南国〉の思い出として置いといて、そのほかの〈北方地域〉の人々の中で、チャールズとハル、マーセデスの三人は極端に異質である。 キャンプのしかたも犬の扱いも知らぬ都会人であり、やがて自らの愚かさゆえに死んでしまう。 「しょうがない連中だなぁ」と思いながら、最近ぶったるんだキャンプや山行しかしていない自分を振り返って、ちょいとヒヤリとした。 いや、最近(股引こそ、はかないまでも)フリースの裏地のイージーパンツをはいて寒がっているのは、歳のせいであって軟弱になったからではないぞ(と思いたい)。


*1 実際には、アラスカではなく、ほとんどカナダのユーコン川周辺である。
*2 アラスカやカナダ北部に行ったことがない、という方には、映画『ネバー・クライ・ウルフ』を観ることをオススメする。残念ながら、今のところDVDは販売されていないようであるが。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-18 (金) 22:02:26 (4229d)