夢見る黄金地球儀

著者
海堂尊
出版社
創元推理文庫(東京創元社)

面白いことは面白かったが……中笑?

扉の紹介文にいわく……。

バブル景気に沸き立つ1988年、桜宮市に突如舞い込んだ「ふるさと創生一億円」は、迷走の末黄金を使用した地球儀へと姿を変え、四半世紀を経た今では、水族館に安置されるだけの無用の長物と化していた。一方、かつて物理学者を目指していた平沼平介も、夢を諦め家業の町工場で営業に励み、平凡な毎日を送っている。しかし平介の旧友〈ガラスのジョー〉の8年ぶりの来訪が、両者を大騒動の渦中へと叩き込んだ。黄金地球儀の強奪を企むジョーの立てた行き当たりばったりの計画は、町工場の技術に支えられ二転三転、驚愕の結末へ平介を導く。大ベストセラー『チーム・バチスタの栄光』の著者が放つ、爽快なコンゲーム!

まぁ、こういう話である。 面白いことは面白く、笑えるところもいっぱいあったが、また何回も読み直すか、というとそういうこともなさそうだ。 なぜそう思ったのだろう?

凄過ぎる町工場

途方もない機械を開発してしまう平介の父親の町工場。 それなのに、赤字に悩む状態なのはなぜだろう?

まずすべきなのは、新しい深海探査艇の開発や黄金地球儀の強奪ではなくて、弁理士に相談することではあるまいか。

ただ、社長の開発した機械類のネーミングには笑った。

ミステリというよりSFでは?

ネタバレになっちゃうので、ミステリとして本書を読むのを楽しみにしている人は、以下は読まないように。

物語のキモになる、『空間圧力釜三号』は、深海探査艇の耐圧テストを陸上で行うために開発された装置である。 その作動原理が、釈然としない。

『空間圧力釜三号』の形態は、本体部分は巨大な電気釜のようになっていて、そこからショベルカーのアームのようなものが突き出している。アームの先には、『空間圧力釜三号』のキモ、空間磁場圧力発生装置が設置されている。要するに、ふたつの板の間にはさまれた空間に強力な磁場を発生させ、それを磁場圧力コンバーターという発明により、空間に高圧の圧力場を構築する、という原理だ。

磁場を圧力に変換する、というのがどうもわからない。 ワシは物理化学は苦手なのだが、一定空間内の分子や原子の運動が圧力の元のはずだ。 そこで、空間を圧縮するか、分子運動を活発にさせれば、圧力が増す。

空気の底(地表)や水の底(海底)で圧力が高くなるのは、その場よりも上にある空気や水の重さで、空間が圧縮されているからだ(押入れの下のほうの布団が潰れるのと同じ理屈だ)。 へこんだピンポン球をお湯に入れると元の形に戻るのは、中の空気があたたまって分子運動が活発になり、ピンポン球の内側の圧力が外の空気圧より高くなるからだ。

磁場で分子運動が活発になることはないから、空間を圧縮するのだろうか。 プラズマならともかく、分極してない空気が磁場で圧縮されるものだろうか?

ここで、SF的解釈として、強力な磁場を用いると空間(真空)そのものを圧縮することができるのだぁ、とごり押しすることも、できなくは、ない。 ただ、空間そのものが圧縮されたとしても、「圧力」は増さないのではないか?

圧縮された空間内の中空の球体(何を指しているか、わかるよね)が潰れるのは、球体内の気体の圧力が、外の気体の圧力よりも低い場合だ。 しかし、球体とその周囲の空間全体が圧縮されたとすると、球体内の気体も、球体外の気体も、一様に圧縮されるので、圧力差はないことになる。

ということは、ピンポン球を空間磁場圧力発生装置の磁場発生板の間に置いても、まったく凹みもしない、ということになりはしないだろうか?*1

でも、SFになっていない……

……ということで、SF的なガジェットを持ち込んだ割には、そのガジェットの機能が説明不足で生かされていない、という気がするのである。

ちなみに、良いSFは、科学的な正確さを土台にホラを吹き、世界を構築している。 科学的に正確である必要はないが、作者と読者の科学的な共通認識がないと、SFは成立しない。

例えば、どんな加速能力をもった宇宙船でも、光速を超える速度を出すことはできない、という認識が、作者と読者の双方に必要だ。 そうでないと、何光年も離れた星の間をどうやって短時間に旅するのか、という重要なポイントが見過ごされてしまう。 もちろん、未検証の仮説(ワームホールとか)や架空の理論(ワープとか)、未開発の技術(ハイパードライブとか)で良いわけだが、それでどうして光速の壁を超えることができるのか、何らかの説明が必要となる。 説明抜きだと、魔法と変わらず、SFではなくファンタジーになってしまう。

ということで、重要なツッコミを

本書のプロローグは、金(元素記号Au)の化学的な解説から始まる。 このプロローグの部分は、とても面白い。 ただ、一つ、重要な誤りがある。 というか、ワシの専門外なので断定できないのだが、セーガンなどの本で得た知識に照らすと、誤りだと思う。

それは、「金をはじめとする重金属は恒星という溶鉱炉の中で日夜せっせと生産された産物なのである」という部分だ。

恒星の核における核融合で生成される最も重い金属は、鉄ではなかったか。

元素周期表を見ると、鉄(Fe)は金よりも遥かに軽い。 では、鉄より重い金などの金属はどこでできるのかというと、超新星爆発によってである。 恒星の核における「穏やかな」核融合では鉄までしか生成されず、超新星爆発の際の激烈な反応によって初めて、鉄より重いすべての元素が生成されるのだそうだ。

……ということで、金は「恒星という溶鉱炉の中で日夜せっせと生産された」のではなく、星の死に際して瞬間的に(どれくらい短い時間なのかは知らないが)生成された物質なのだ。

炭素や鉄など、日夜せっせと生産された物質はもちろん、銅や金、モリブデンなど、星の死によって生成された物質も、生物の生存に必要である(ごく微量であるが)。

地球も、地球上のあらゆる生物も、前の世代の恒星の生と死があって初めて、生まれてくることができたのである。


*1 そこで、空間の圧縮にともなって、どういう現象が起こるのかをよーく考えてみたのだが、よくわからない。ピンポン球にしろ黄金地球儀にしろ、圧縮場の中の物体は、潰れるのではなく、形を保ったまま空間ごと縮むのだろうか。縮んだ空間と、通常空間の境目はどうなるのだろうか。断熱圧縮したら温度が上がり、装置の電源を切った途端、爆発的に空気その他が周囲に広がったりしないのだろうか。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-21 (土) 01:19:21 (3558d)