富士山噴火

著者
鎌田浩毅
出版社
講談社(ブルーバックス)

ハザードマップで読み解く「Xデー」

……というサブタイトルが付いているが、「Xデー」つまり富士山が噴火する日がいつなのか……ということについては、書かれていない。 もちろん、科学的には「そろそろ噴火してもおかしくない」「いつ噴火するか、直前にならないとわからない」というのが正しい立場である。 「何年何月何日に噴火する」なんて書かれている本は、非科学的な「トンデモ本」なのである。

しかし、「いつ噴火してもおかしくない」からこそ、起こりうる災害を少しでも小さくする努力が必要なのだ。 そのために作られたのが、ハザードマップである。

本書は、ハザードマップがどのように作られたのか、そしてハザードマップをどう読み解くかを解説した本である。

毎日見ている火山のもたらす大災害

毎朝起き抜けに見られる富士山の様子を「朝イチ富士山」に記録している。 あの山が噴火したら、どんな災害が起こるのか……。 ……毎日見ていても、あまり想像できない。

そこで、ハザードマップを見てみると……。

ウチの辺り(沼津市)の火山灰の降灰は10cm程度と予想される。 これは、鎌倉辺りと同じだ。 もちろん、偏西風によって富士山の東側に火山灰が流されるからだ。 富士山の南に位置するウチの辺りには、さほど積もらないというわけだ。

……だが待てよ、火山灰が10cmも積もって、しかも雨で濡れたりしたら、1平方メートル当たり100kgの重さになるという。 ウチはつぶれるかもねぇ。 そして、火山灰はトゲトゲしたガラスだから、健康被害ももたらす。 楽観できんな。

火砕流の怖さ

幸いにしてウチと富士山の間には愛鷹山が立ちふさがっているので、溶岩流や火砕流の直撃を受ける可能性はない。 まぁ、三島市のほうと富士市のほうと、東西を溶岩流に囲まれる可能性はあるけどね。

それにしてもまぁ、溶岩流はさておき、火砕流はとても怖い。 火砕流は500℃の高温のガスと固体の混合流体である。 そしてそのスピードは時速100キロメートルを超える。

逃げる取材の車に追いすがる雲仙普賢岳の火砕流の映像を、大惨事の直後に見たときには本当に驚いた。 だが、普賢岳のようなトロイデ型の火山でないと、火砕流は起こらないと思っていたら、そうではないようだ。 富士山のようなコニイデ型の火山でも、山頂付近で傾斜が30°を超えると、降り積もった火砕物がなだれ落ちて火砕流を起こすことがあるという。

ウチに居れば火砕流に遭う可能性はまずないが、富士山で遊んでいるときに逃げ遅れたりするとまずいなぁ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-11 (月) 23:51:55 (4144d)