富士覚醒

著者
石黒耀
出版社
講談社(講談社文庫)

富士山は活火山である

2011年1月に霧島山系の新燃岳が噴火した。 3.11以降、日本各地の断層が動き出したようだ。

それ以来、富士山を見るたび、次に富士山が噴火するのはいつだろう、と思うようになった。 何しろ、窓を開けると愛鷹山の向こうに富士山が見えるので、非常に気になるのである。

2008年1月、自宅から見た富士山

研究室/朝イチ富士山より]

もっとも、富士山愛鷹山の向こうに見える位置にあるお蔭で、溶岩流も火砕流も泥流も、沼津には到達しない。 これは、ハザードマップで確認してみた。

しかし、10万年間に愛鷹山は火山活動をやめているが、今後噴火しないという保証はない。もしも愛鷹山が噴火したら、沼津も壊滅しちゃうね……。

昼は雲の柱

さて、その富士山の噴火を扱った災害小説が『富士覚醒』である。

死都日本』では霧島山系を吹っ飛ばしたので数百万人が死に、日本中が火山灰に覆われた。 『震災列島』では東海地方と中部地方が壊滅し、名古屋の中心街ではビル同士がぶつかって崩壊するような被害も生じた。

それに対し、『富士覚醒』では御殿場市と小山町が壊滅的な被害を受けるが、死者は驚くほど少ない。 なぜかというと、山体崩壊にともなう岩屑(がんせつ)なだれをシミュレーションで予測し、東名高速を閉鎖して12万人の住民を避難させてしまうからだ。

それが自治体主導ではなく、民間人(大学教授とその友人の実業家)が先導(扇動?)しちゃうところが、フィクションである。 もっとも、自治体が立場上、あるいは時間的余裕がなくて主導できない、というところはリアルかも知れない。

現実の富士山防災関係者は、このシミュレータや、勘の鋭く行動力のある気象庁の課長、欲しいだろうなぁ。

徐福伝説?

大災害だが悲惨でないのは、青春恋愛小説みたいなところもあるからかも知れない。 それに、徐福伝説や(またまた)記紀の解釈が出てくるあたりは、伝奇小説のようである(どうしても星野之宣の『宗像教授伝奇考』と『宗像教授異考録』を思い出す)。

架空の大学や神社もあるものの、知っている地名や地勢がたくさん出てくる。 この大学はヤクルトの研修センターのあたりかな、とか、地元民にはいろいろ想像する楽しみもある。

さて、沼津・三島でショッピングセンターの屋上駐車場に立つと、南西を除く全方位に山が見える。 北の富士山、東の箱根、南の伊豆は、いずれも活火山である。 それらを眺めながら考える。

次に噴火するのはどれか。

次に噴火するのはいつか。

噴火したら大変だなぁ、困るなぁ、と思いながらも、噴火したらすごいだろうなぁ、とちょっと期待してしまう。 不謹慎なのはわかっているが、何か本能的というか、火山列島に住み、生き残ってきた霊長類には、火山活動を見てワクワクしちゃう遺伝子があるのだろうか。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-16 (火) 22:56:40 (2865d)