爆笑問題の日本史原論 偉人編

著者
爆笑問題
出版社
幻冬舎文庫

爆笑問題の日本史原論』の続編

田中―― とにかく、前回は時代ごとに区切ったのに対して、今回は歴史上の人物にスポットを当てたってことだよ。
太田―― それぞれ、面白かったね。
田中―― そんな中でいちばん印象に残っている人物を一人挙げるとしたら、誰になる?
太田―― そりゃ、やっぱり狠口啓助瓩世蹐Δ福
田中―― やってねえよそんなヤツ! 誰だよそれ!
太田―― 大正五年に静岡県沼津市に生まれて、その一生を平凡なサラリーマンとして暮らし、今年の一月、息子家族に囲まれて亡くなった人だ。
田中―― 全然歴史上の人物じゃねえじゃねえか!
太田―― そういう言い方するなよ、実は、こういう名もない人々が日本の歴史を創ってきたんだぞ! (15ページ)

……というわけで、確かに歴史は名も無き庶民が創ったものである。 ただまぁ、時代のキーマンはいたわけで、そのキーマンについて語ったものである。

前作同様、漫才の部分も面白いが、やっぱり、芸能ネタや下ネタはイマイチだね。 まぁ、平賀源内の著書の話などは、著書そのものが下ネタだったりするけど。

解説が秀逸!

例によって解説も面白い。 例えば、「聖徳太子は実在しなかった」説について。

今のところ「実在しなかった」説には批判も多く、通説とはいえないが、いずれにせよ、今後は日本史も大きく書き換えられていくことだろう。歴史を学ぶことは、思い込みを(くつがえ)す、スリリングなことなのだ。 (208-209ページ)

『源氏物語』が宮廷周辺の限られた読者を対象とした読み物であったことに関連して。

ところで、もし未来の学者が、現代の携帯電話を大量に発掘して、奇跡的にメモリに残っていたiモードの文書を解読しようとしたら……なんだか、かわいそう。 (227ページ)

いやぁ、これは考えたことがあるねぇ。 高校生のとき、自分の書いている文章も「古文」になるのかなぁ、とか。 まぁ、いまこうやって書いている駄文が、1000年後に残っている可能性は低いと思っているけどね。

なんといっても、メディア自体が読めなくなっているのではないか、というおそれがあるのだ。 今、5インチのフロッピーディスクに保存されたワープロの文書なんかを読もうと思っても困難を極めるもんね。 重要な文書は定期的に新しいメディアに保存しなおさないと、デジタル記録は残らなくなってしまうのだ。 その点、紙とか粘土板とか岩とかいったアナログメディアの保存性はスゴイね。

(2007年5月25日読了)


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-25 (金) 21:28:04 (4406d)