爆笑問題の日本史原論

著者
爆笑問題
出版社
幻冬舎文庫

日本史ネタの漫才……かな?

太田―― 日本史の教科書なんか見てると、十ページに一回は大化の改新が起きているからな。もういいかげんわかった! ってんだよ。
田中―― 一回しか起きてねえよ! そんなにしょっちゅう大化の改新が起きてどうすんだよ!(43ページ)

田中―― 大化の改新以降の日本の歴史の中で、いちばん長く続いた時代は何時代だと思う?
太田――チャンバラ時代?
田中――そんな呼び方、勝手に作るなよ!
太田――長いぞこの時代は。大化の改新から明治維新まで、ほとんどこれだろ。(221ページ)

……というやりとりは非常に面白い。 爆笑問題の二人が実際に漫才をやっているようだ。

もっとも、芸能ネタに引っ掛けると、イマイチになる。 なにしろ、単行本として発刊されてから7年経ち、芸能ネタの事件そのものが歴史になりつつあるからね。

科学的な解説!

解説が科学的でとても勉強になる。 歴史が科学的であるためには、複数の史料に基づき、できれば物証をもって史実を検めていかなくてはならない*1

一つの(多くは権力者側から書かれた)史料や、物証のない伝聞を元に歴史を語ると、ただのファンタジーになってしまう。 そこで、複数の仮説を提示したり、「史実とされてきたけれど怪しい」といったことが、本書の解説ではハッキリ書かれてる。

そういえば、中高生のときに社会科や日本史で習ったこともどんどん書き換えられていく。 書き換えられた史実、というわけではないが、源頼朝も足利尊氏も武田信玄も西郷隆盛も、肖像画はみんな本人ではないのではないかと言われている。

何事にせよ、「オイオイ、ホントかよ」とツッコミを入れながら考えるのは、良いことである。

(2007年5月23日読了)


*1 ワシは農学士であるから、歴史学は門外漢である。あとで文学士のカミさんに聞いてみよう。……ということで聞いてみた。やっぱり科学の基本は「疑うこと」だからOKだそうだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-25 (金) 21:01:51 (4502d)