脳の中の人生

著者
茂木健一郎
出版社
中央公論新社(中公新書ラクレ)

臨床脳科学

著者の茂木健一郎は、日本テレビ『世界一受けたい授業』やNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』、日経サイエンスの連載「茂木健一郎と楽しむ科学のクオリア」など、最近あちこちで見かける。 雑誌連載を除いて、初めてこの本で文章にお目にかかった。

読みやすい文章で、最新の脳科学をベースに人生と脳の係わりについて書かれている。 あとがきを見たら、本書も雑誌連載(読売ウィークリー)をまとめたものだった。

日常生活と脳との係わりを考えることから「臨床脳科学」というものがあってもよいのではないか、という提唱は、ちょっと面白い。 最先端の科学というと、どうしても日常生活とは遊離したところへ向かいがちだが、実際には日常生活と密着している部分、日常生活がその基礎、基盤としているのが「自然科学的な背景」である。 ましてや脳のこととなると、記憶、思考力、学習、性差、心の病など、解らないことも多ければ気になることも多い。 そこで日常生活について脳科学の視点から考える「臨床脳科学」が登場するわけだが、「臨床ナントカ科学」というのは、ほかにもいくらでもできそうだ。

「臨床生態学」とか「臨床作物学」とか「臨床有機化学」とか「臨床物理学」とか「臨床火山学」とか「臨床古生物学」とか「臨床天文学」とか……。 ……ちょっと無理なトコもあるかな?

やっぱり見方を変えるのが面白い

クオリア、セレンディピティ、ゲーム脳、メタ認知、ミラーニューロン……脳科学や認知科学の考え方の軽い説明も述べられているが、本書は「最先端脳科学の解説書」ではない。 「臨床脳科学」に基づいて、生活――人生――を分析し、考察を加えたような内容になっている。 脳にコントロールされながら脳をないがしろにするような生活に対する警鐘も、幾度となく鳴らされている。

科学的思考法の面白さは、日常生活とは異なる視点から日常生活を見ることだ。 その意味で、本書はまた多面的な見方をするとこんなことも考えられるというサンプル集でもある。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-07 (水) 22:14:28 (4488d)