忍法十番勝負

著者
石ノ森章太郎、小沢さとる、一峰大二、桑田次郎、古城武司、白土三平、藤子不二雄(A)、堀江卓、松本零士、横山光輝
出版社
秋田書店(秋田文庫)

1964年(昭和39年)の忍者マンガ・アンソロジー

昭和39年、東京オリンピックの年であり、東海道新幹線が開通した年。 ワシは6歳、小学1年生だった。 すでに『鉄腕アトム』などのマンガを読んでいた。 お袋が大家族だったので、同居していた叔父たちは大学生だったり高校生だったりで、さらに大量のマンガがあった。

その中に、『忍法十番勝負』があったように思う。

手塚治虫の丸っこいキャラクターとは異なる、白土三平や桑田次郎のスマートな造形。 忍者同士の戦いは苛烈で、手は飛ぶ首は落ちる血飛沫が飛び散る。

とてもビックリしたが、まったく新しい世界であり、新鮮であった。

「技の名を叫ぶ」ルーツは忍者マンガだった

ONE PIECE』の主人公ルフィが叫ぶ「ゴムゴムの(ピストル)」のように、少年マンガでは戦いの際に技の名を叫ぶものが多い。 そのルーツは永井豪の『マジンガーZ』だという話を読んだことがあるが、もっと前からあったじゃないか。

「忍法ナントカ!」

忍者ごっこをするとき、そんなふうに叫んだものだが、これは忍者マンガのマネなのだった。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-29 (土) 22:11:47 (3061d)