日本の戦時下ジョーク集

著者
早坂隆
出版社
中央公論新社(中公新書ラクレ)

満州事変・日中戦争篇

世界の日本人ジョーク集』の著者による、戦時の日本人の「笑い」の集大成。 昭和15年までのジョークを紹介した「満州事変・日中戦争篇」と、昭和16年から敗戦までのジョークを紹介した「太平洋戦争篇」の二冊が同時に刊行された。

エンタツ・アチャコにエノケン、そして吉本。 「満州事変・日中戦争篇」では、漫才や喜劇、落語などの「大日本帝国臣民」の身近な楽しみであった「笑い」のほか、雑誌のジョーク欄も紹介されている。

「笑い」のセンスとしては、現在でも通用しそうなものから、どうにも楽観的・愛国主義的で対戦国や戦況を舐めている(と、後知恵なら思える)ものまで様々である。 不自由になっていく生活を笑い飛ばしたり、政治に介入されて(多分当時も)苦い笑いに変わってしまったり。

あの戦争が悲惨なものだったことなど、今の日本人は誰でも知っている。しかし、そんな戦時下においても、したたかに逞しく生活していた庶民の力は、ややもすると見落とされがちである。

教科書にあるような政治的な事柄だけでなく、市井の人々の等身大の笑いや日々の生活を触媒としてあの時代を見ていくと、それまで乖離(かいり)していた戦時下の人々との距離感が徐々に縮まっていく。(204ページ)

太平洋戦争篇

漫才コンビ「ラッキー・セブン」は「楽貴・世文」と改名し、雑誌「キング」も「富士」と名を変えざるを得なくなり、言論統制の厳しくなる中でも、やはり「笑い」はあった。 「お笑い」のネタが干渉されたものになった分、庶民の笑いはシニカルになるのだろうか。 無能な政府を笑い、軍人*1や軍需産業を皮肉る。 例えば、スローガンに落書きする。

「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」の「工」の文字を塗りつぶす。
「足らぬ足らぬは夫が足らぬ」(98ページ)

また、自虐的な笑いもあった。 時節にふさわしくないと発売中止になった『湖畔の宿』の替え歌、『タコ八の歌』。

きのう召された タコ八が
弾丸(たま)に撃たれて、名誉の戦死
タコの遺骨は いつ還る?
骨が無いから 帰れない
タコのかあちゃん 悲しかろ(81ページ)

タコでもないのに、遺骨や遺髪すら還らなかった兵隊(誰かの息子、夫、あるいは父親)が大勢居たのである。

この替え歌には別のバージョンもあったようで、終戦時に中学生だったワシの父は、こんな風に歌っていた(ワシが憶えているのは途中までである)。

きのう生まれた ブタの子が
ハチに刺されて、名誉の戦死
ブタの遺骨は いつ還る?

著者も述べているが、人々は本気で「挙国一致」「一億火の球」で闘おうと思っていたわけではないようだ。 そんな風に戦争を美化したがるのは、戦争末期の「軍国少年」のまま(敗戦を有意義な経験*2にできずに)大人になってしまった人たちや、戦後生まれの「戦争を知らない」連中だけだろう*3。 「笑い」を禁じる人、「笑われること」を怖れる人には、要注意だよねぇ。

三一〇万人以上の日本人が犠牲となった。その中には、漫才や落語、小咄が大好きだった人も多かったろう。笑うことが好きだった陽気な者も、人を笑わせるのに長じた剽軽(ひょうきん)な者も、たくさんいたに違いない。
そんな方々の御霊にも、この本を捧げたいと切に思っている。本当はもっと笑いたかった人たちのために。


*1 威張り散らして兵隊を死に追いやるくせに自分は死なず、庶民の窮乏など知らん振りの特権階級だからである。
*2 一夜にしてパラダイムが180度転換してしまい、軍事教練で生徒をぶん殴っていた教官が鉄拳制裁に怯えて逃げ、肩身の狭かった英語教師が晴れ晴れとした顔で教壇に立つ……という経験が、青少年に及ぼす影響を考えてみよう。
*3 ワシも戦後生まれであるが、「体験したことのない戦争」について知ろうと努力している。そしてまた、なるべく多面的な視点でものごとを見られるようになりたいと思っている。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-16 (月) 21:44:46 (4354d)