日経サイエンス2013年10月号

特集:大絶滅と復活

古生代末に何が起きたか

約2億5000万年前の古生代末、海生無脊椎動物の約9割が絶滅するという、地球生命史上最大の大絶滅事件が起こった。

その原因はなんと、プレートテクトニクスに伴う「プルームの冬」だと考えられるという。

いやぁもう、こういう大規模な、大陸の形が変わってしまうどころか、大陸が生まれたり割れて移動してしまうような地殻変動のことを考えると……。

……活断層が原子炉建屋から何百メートル離れているから大丈夫とか、そういう話がバカらしく思えてくる。 もちろん、地球上のどこだって危険、ということである。

明らかになった生命爆発の主役

塩水が刻む火星の地形

周期律のほころび

死を悼む動物たち

「すばる」新たな開眼

転覆巨大客船を引き起こす

タールサンド開発の弊害


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-24 (火) 17:18:42 (2099d)