日経サイエンス2012年2月号

ダイジェスト(日経サイエンスのサイト、PDFファイル)

特集:迫る巨大地震

地震&地質 浮かび上がるスーパーサイクル

中島林彦/協力:宍倉正展

プレートの境界面では数十年から100年程度の間隔で大地震が起こる。 しかし、それで歪みが解消されるわけではなく、持ち越されて数百年に一度発生する巨大地震となる。

次に「満期」に達するのは北海道東方沖か、相模トラフか……。

地震&火山 最悪のシナリオ

中島林彦/協力:古村孝志,小山真人

東海・東南海・南海地震が連動すると……『震災列島』と『富士覚醒』が同時に来ちゃうのである。

名古屋だけでなく、大阪や東京も壊滅的被害を受けるようだ。 ……津波によって。

古文書などの記録によると、巨大地震に連動して富士山が噴火する場合があるという。 富士山も伊豆半島も、フィリピン海プレートに乗っている。 フィリピン海プレートの下に太平洋プレートがもぐり込み、伊豆半島や富士山にマグマを供給する。

富士山が噴火すれば、膨大な火山灰が神奈川と東京に降り積もる。

意外にも、フィリピン海プレートの上の沼津や三島は、地震による被害予想が小さい。 軽くて硬いため揺れが小さいのだろうか(根拠薄弱だが)。 そして、富士山の火山灰も(あまり)降らない。

その代わり三島は富士山の溶岩や火砕流が到達する(かもしれない)。 沼津は愛鷹山が富士山の前にあるため、溶岩や火砕流がやってくるおそれはない。 しかし、海岸近くは津波に襲われるおそれがある。 しかも、地震発生のわずか 5分後である。

ワシの住んでいるあたりは津波も溶岩も降灰も心配せずに済みそうだ。 震度6弱と予想される地震の揺れで家がつぶれなければ、なんとか生き延びられるだろう。

家がつぶれないようにと、2階の本棚の本をせっせと減らしている。 しかし、80km 西にある浜岡原子力発電*1から放射性物質が放出されれば、そうした努力も無駄になるだろう。

地震にも津波にも噴火にも耐えたとしても、放射線に追われ、逃げ出さなくてはならない。

……いったいどこへ?

太平洋岸は壊滅しているのに?

地震&火山 続く地下変動

中島林彦

地質学 サイエンス・イン・ピクチャー 大噴火近い? 白頭山

S. パーキンズ

特集:NASAが目指す火星への道

惑星科学 進む生命探査 フェニックスからキュリオシティーへ

P. H. スミス

フェニックス打ち上げの思い出のところ、ブラッドベリィかブラウンみたいだねぇ。 SF に現実が追いついてきたのかも。

地球外生命 生命は火星からやって来た?

D. ウォームフラッシュ

宇宙探査 有人飛行は“飛び石作戦”で

D. ランダウ/N. J. ストレインジ

実験哲学 実験哲学という実験

J. ノーブ

生物工学 遺伝子組み換え蚊でデング熱を撲滅

B. P. トリベディ

計算科学 金融危機はなぜ予測できないのか

D. H. フリードマン

エネルギー 地下水汚染に揺れる米国の天然ガス開発

C. ムーニー


*1 2012年1月現在、浜岡原子力発電所は運転していないが、使用済みの核燃料が保管されている。使用済みの核燃料も冷やし続けることができなくなったとき、臨界に達する恐れがあることは、福島第一原子力発電所が証明済みである。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-26 (木) 22:10:37 (2700d)