日経サイエンス2011年07月号

ダイジェスト(日経サイエンスのサイト、PDFファイル)

特集:揺れる原子力の将来

レベル7からの出発

中島林彦(編集部)/協力:奈良林 直(北海道大学)

5月中旬の時点で判明していた、福島第1原発事故の推移と教訓のまとめ。 まとめてみると、新聞やTV、ネットで散発的に得られる情報とは異なる、より深刻な事態が明らかとなる。

「想定外の津波」というように、「想定外」と「津波」を免罪符のように使う輩がいるが、地震によっても被害を受けていること。 原発構内の送電鉄塔は地震で倒れ、これも電源喪失の原因の一つとなった。 地震の揺れの大きさは「想定内」ではなかったのか?

水素爆発により原子炉建屋が吹っ飛んだ1号機、3号機よりも、2号機のほうが深刻かもしれない、ということ。 1号機と3号機の水素爆発は、ベントによって建屋内に放出された水素が爆発したものだが、2号機は格納容器内で爆発したからだ。 「五重の壁」のうち実質的に有効な壁である格納容器が損傷してしまったとしたら、もはや誰も原子炉に近付けない。 注入している冷却水もだだ漏れである(出てくるときには、高濃度汚染水となっている)。

さて、福島第1原発の教訓を生かして、「想定外」に備えることなど、可能なのだろうか。

環境・エネルギー省をつくるべきだ

滝 順一

“想定外” に備える

A. ピオーリ

ジョージア州に建設中のボーグル原子力発電所の原子炉、ウエスチングハウス「AP1000」は、電源供給がなくても、操作員がいなくても、炉心を冷却できる設計になっているそうだ。 格納容器の上部に水タンクがあり、重力によって冷却水が原子炉圧力容器内に流れ込む仕組みだ。

こうした仕組みをもってしても、十分な安全マージンを見込めない、という意見もある。 十分に安全にしようとすると、コストが過大になるという。

まぁ、とにかく「十分に安全な」原子炉ができたとしよう。 しかし、これによって「十分に安全に」なるのは、これから建設される原子力発電だけである。

ということは、現在稼動中の原子力発電所、危険なため停止中の原子炉は、「十分に安全じゃない」ということになる。 すでにある原子炉を「十分に安全に」しようと思ったら、いったいどれくらいのコストがかかり、いったいどれくらい電気料金は値上げされるのだろうか?

「原子力以外」の発電を推進したほうが安上がり、ってことになるのではないか?

今だから考える エネルギー技術 7

SCIENTIFIC AMERICAN 編集部

「核融合で核分裂を起こすハイブリッド原子炉」というアイデアは、注目に値する。 劣化ウランや使用済み核燃料も燃やすことができるからだ。 これによって、核廃棄物を25分の1にできるという。

しかし、課題もある。 何十年も研究が続けられているものの、いまだにレーザー核融合で「点火」することに誰も成功していないことだ。

……なんだか、パーティジョークのようだけどね。

「量子太陽電池」や「磁気熱量効果」のほうがエネルギー源/省エネルギー技術としては期待できるかも知れない。

インフレーション理論は完全か

P. J. スタインハート

すみません。よくわかりませんでした。

どうして人間原理みたいな考え方が出てきてしまうのか、ワシのような生物屋には、どうも理解できないようだ。

しのび寄るスーパー耐性菌

M. マッケンナ

会社の昼飯時を読書タイムにしているので、まだ読んでいない。 ……というか、隣の席に座る社員の視線が気になって、昼休みには永久に読めんわな。

ヒゲミズヘビの必殺技

K. C. カタニア

いやもう、これだから生物学は面白いのだ。

鼻先に2本のヒゲ状の突起を持つヒゲミズヘビは、東南アジアの淡水にすむ。 この突起はもちろん、餌である魚を探知するための器官だが、魚を狩る方法がものすごい。

身体をJ字型に曲げ、そのJ字の中に魚が入ってくるのを待つ。 その魚に向けて圧力波を発すると、魚は「無意識に」反対側に逃げる。 逃げた先にはヒゲミズヘビの開いた口があるので、魚は自殺するかのごとく、その口に飛び込んで行く。

ヒゲミズヘビの狩りのスタイルも魚の行動も、「生得的」つまり遺伝的に固定されたもので、学習によるものではない。 「狩られるもの」は、狩られない方向に進化しそうなものだが、そうなっていない。

魚はヒゲミズヘビに対抗する戦略を進化させなかった。この事実は、グールド(Stephen Jay Gould)が「レアエネミー効果(珍敵効果)」と呼んだものであることを示している。ヒゲミズヘビは通常なら適応的な魚の行動を逆手にとって利用する珍敵なのだ。魚を食べる敵はたくさんあり、そしてほとんどの場合、水の突然の乱れを感知したらそれと反対方向に逃げるのが最善の策だ。しかしヒゲミズヘビに遭遇した魚は哀れなことに、敵から離れるのではなく敵のほうへと方向転換させられてしまう。

「メジャーな敵」への対抗策を進化させることはできても、「レアな敵」への対抗策は進化させにくいのだ。 これが進化の結果でないとしたら、造物主である神は、魚よりもヒゲミズヘビのほうが好きだ、ということになるのかな?

死海は生き返るか?

E. ハドック

衛星から見える「人間による環境破壊」の例だよねぇ。

しなやかなタンパク質

A. K. ダンカー/R. W. クリワッキ

今西錦司が予見というか夢想というか、とにかく『生物の世界』に書いたように、「生命」は細胞以下のレベル、タンパク質のレベルで生じるのかも知れない。 人体のタンパク質の3分の1は「天然変性タンパク質」で、結合する相手や熱運動、周囲の媒体(水)のブラウン運動によって、変形しつつ機能しているのだそうだ。

サイエンス・イン・ピクチャー X線望遠鏡 NuSTAR

F. ハリソン/C. J. ハイリー

反射光を集光するガラス製のシェル(層構造)の取り付け誤差は、髪の毛の太さの20分の1だそうだ。 そんな精密機械が、どうしてロケットの打ち上げに耐えられるのか?  なんてことが気になってしまった……。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-28 (火) 00:40:15 (2919d)