日経サイエンス2010年10月号

ダイジェスト(日経サイエンスのサイト、PDFファイル)

宇宙のエネルギー保存則は破れているか

T. M. デイビス

遠くの銀河からの光が赤方偏移(redshift)しているのは、銀河が(相対的に)遠ざかっているからか、エネルギー保存則が破れているからか……。

うーん、よくわからん。 とりあえず、宇宙の一部(ワシの身のまわり)では、エネルギー保存則は破れていないようだから、まぁいいか。

ロボットが変える戦争

P. W. シンガー

遠隔操作によるロボットの操縦、自律的なロボットによる偵察・運搬などの支援任務、そして攻撃。

昨日のSFが、今日は現実となる。 だが、現実を生きている人間たちは、心の準備ができていない。

ロボットを用いた戦闘では、兵士の生命は失われない。 つまり「死ぬかもしれない戦地に兵士を送り出す」ストレスから、市民は開放されるわけだ。 このことが、戦争へ至る障壁を低いものにしてしまう可能性があるのだそうだ。

「たくさんの(自国の兵士の)生命が失われるかもしれないから、なるべく我慢して話し合おう」とせずに、「ロボットを動員して敵を殲滅してしまえ」となってしまうのだ。

いつの日か、ロボットが真の知性を持ったとき、「われわれに戦争という紛争解決手段を教えたのは誰だ」と糾弾されるかも知れないねー。

子どもの意外な“脳力”

A. ゴプニック

子供の認知能力は未発達で、成長するにつれてだんだん、人間らしくなっていく……30年前、発達心理学の授業ではこんなふうに習った。 ところが最近の研究では、18ヵ月の赤ちゃんでも他者への配慮ができ、4歳以下の幼児でも統計的規則性を学べることがわかってきた。

おもちゃの作動原理を実験的手法で学んだり、改良したりするあたりは、子どもが小さな科学者であることの証左だ。 実際、遊びの経験を通して、魔法のような事態は起こらないことを知っている(だから、手品を面白がるのである。魔法を信じていたら、手品は面白くも何ともない)。

ところが、おもちゃ(機械)の操作法を「教わる」と、迂遠な方法であっても、教わったとおりに操作してしまう。 もちろん、年をとればとるほど、「教わったこと」に固執してしまうようだ。

妙な法律的なトリックや魔法じみた「錬金術」の蔓延する世の中に長く生きることによって、だんだん科学的な思考法を失って大人になっていく……のではさびしいぞっ!

DNA医薬の時代

M. P. モロー/D. B. ワイナー

プラスミド(環状DNA)にウイルスの遺伝子の一部を組み込み、接種する。 ヒトの細胞内で、その遺伝子をもとにウイルスのタンパク質(抗原)が作られる。 ウイルスのタンパク質とはいっても、ウイルスとしての活性はないので病気にはならない。 ウイルスの「標識」にあたるものなので、その抗原タンパク質を攻撃するような抗体が免疫細胞によって作られる。 このことによって、病原体ウイルスが人体に侵入したとき、免疫機構がいちはやく働くようになる。

……というのが、DNA医薬(DNAワクチン)の働く仕組みである。

この10年で、DNA医薬が「使い物になる」レベルに達したそうだ。

DNA医薬の接種方法や、組み込む遺伝子をより利用しやすいものにする「コドン最適化」など、地道な努力の成果である。

C型肝炎やHIVなどの深刻なウイルス感染症に対する画期的な治療法になると良いのだが……。 ちなみに、複数のインフルエンザウイルスに共通する「コンセンサス配列」をDNAワクチンに用いれば、季節性インフルエンザにも新型インフルエンザにも、単一のワクチンで対応できるかも知れない。

恐竜世界にいた鳥

G. ダイク

現代の鳥と同じ特徴(歯のないくちばし、融合した手指、短い尾など)を持つ鳥類が、6500万年の恐竜絶滅よりも前に存在していたらしい。

ヴェロキラプトルの背中にコマドリがとまっていたり、スピノサウルスの隣でカモが水をかいていたり――そんな光景を考えると何ともおかしい。

DNAの解析結果も、南極で見つかった化石も、鳥類が大量絶滅を生き延びたことを物語っている。 ただし、どうして鳥類が生き延びることができたのかは、まだわからないそうだ。

小惑星の激突によって「核の冬」のようになった地球。 雲に閉ざされ、みぞれの降る水辺で、枯れかけた水草をせせる灰まみれのカモの姿を思い浮かべた。 青空や白い雲を知らない世代を何代か経たのだろうか。

プラグイン車のクリーン度を問う

M. モイヤー

プラグインEV(電気自動車)の電気の元は発電所である。 重油を燃やす火力発電所で発電した電気で走るEVは、ガソリンエンジンで発電するハイブリッド車よりも「グリーンでない」ことになる。

カリフォルニア発 汚水が生んだクリーンエネルギー

J. B. リトル

地熱発電所の蒸気源として、都市排水の処理水を使う、という話。

地熱発電所は、地下のマグマで熱せられた地下水の蒸気でタービンを回す。 地下水のもとは雨水だから、蒸気を使いすぎると雨水の供給が追いつかず、発電できなくなってしまう。

河川に排出されていた下水処理水を地下に注入することで、河川の浄化と地熱発電所の蒸気不足を解決するという、二兎を追う作戦である。

その副作用は地震だが、規模が小さいので危険がない、……ということらしいが、周辺住民の不安は増しているという。

遠く離れた都会へ電気を供給するために、発電所の近くの住民にしわ寄せが行く、という構図において、地熱発電所も風力発電所も同じなのだろうか。

粗悪品ボトックスとバイオテロ

K. D. コールマン/R. A. ジリンスカス

不要不急の美容のためのボトックス、つまりボツリヌス菌の毒素は、製造所が不明な粗悪品なら容易に入手できるそうだ。 ボツリヌス菌の毒素は、生物が生成する毒としては最強(最悪)で、1gあれば経口摂取で1万4千人、注射すれば830万人を殺すことができる。

そこで、テロリストがインターネットでボトックスを注文し、それを牛乳などに混入するというテロも考えられるという。

なんということか、異常な消費行動が、テロの可能性を産んでいるのだ。

骨粗鬆症治療の意外な盲点

斎藤 充

日本を横断するニュートリノ

茂木健一郎 科学のクオリア/ゲスト:小林隆(高エネルギー加速器研究機構教授)


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-23 (木) 00:21:08 (3190d)