日経サイエンス2010年04月号

別の宇宙にも生命は存在する!?

A. ジェンキンス/G. ペレス

弱い核力のない(ウィークレスな)宇宙、クォークの質量が少し軽い宇宙を仮定しても、炭素のような安定した元素ができ、生命は存在可能だ。

ということは、「この宇宙」でなくても知的生物が進化する可能性があり、その生物は星空を見上げて「自分たちはどこから来たのか」と問うているかも知れない。

宇宙の物理定数は、人類(ホモ・サピエンス)を生み出すように調整されている、と考える「人間原理」は、ここで破綻する。 物理定数が違っても、宇宙に思いを馳せる生き物が存在できる可能性があるのだから。

明らかになったナノバクテリアの正体

楊定一/J. マーテル

火星から飛び出し、南極で発見された隕石に、細菌(バクテリア)のような化石があった! というニュース(1996年)には興奮した。 しかし、マイコプラズマよりも小さく、リボゾームほどしかない、その「ナノバクテリア」は、本当に生物の化石だったのか?  その後、ナノバクテリアは地層の中やヒトの血液の中からも発見され、最小の病原体ではないかと思われた。

ところが、ハイドロキシアパタイト*1とDNAやタンパク質が結合したナノバクテリアは、人工的に作ることができたのだ。

……ということで、ハイドロキシアパタイトが自己組織化により結晶化する過程で、培地のタンパク質やDNAを巻き込んで、細胞状の構造物になったもの……それがナノバクテリアの正体だった。 生物ではなく、「やや不定形」な結晶だったのだ。

しかし、関節や心筋などの石灰化に関係するなど、病気の原因にもなる。 原始地球での「プレ生物」の可能性もある。

ハイドロキシアパタイトとタンパク質・核酸複合体、「バイオン(bion)」を土台というか入れ物として、生物としての代謝が始まったかもしれない。 そう考えると、「生物ではない」ナノバクテリアも、生命とは完全に無縁ではないのだろうか。

象牙の密輸をDNAで追え

S. K. ワッサー/B. クラーク/C. ローリー

象牙の密輸を摘発するため、ゾウの糞に含まれるDNAのフィンガープリント(指紋)を調べる。 これによって象牙の出所を突き止める。 密猟によって殺されたゾウのものかどうか、確認し、摘発することができる。

やれやれ、記事の中では日本人や中国人は悪者である。 書類に印を押す小さな円筒……印鑑の材料として象牙の需要があるからだ。

しかしまぁ、確かに悪者である。 ステータスシンボルとして希少な生物の死骸を使おうなんていうのは趣味が悪いよね。

小惑星衝突が大陸を生んだ

S. シンプソン

35億年前から25億年前まで、冷えて固まりかけた地球に、巨大な小惑星が何個も衝突した。 その小惑星の衝突が引き金となって、プレートテクトニクスが「スタート」したらしい。

地球の表面を覆う地殻は、玄武岩で構成される重い海洋地殻と、花崗岩で構成される軽い大陸地殻に分けられる。 海洋底で形成された海洋地殻は、大陸地殻の下に潜り込む。 そうして大陸移動や地震や山脈が形成されたのだが、その「スイッチ」を入れたのが小惑星だとは。

ネットゲーム錬金術の功罪

R. ヒークス

仮想空間が現実世界を脅かす(おびや)……まぁ、SFとは違うけど、経済的には実際に起こっているわけだ。

ネトゲ(ネットゲーム)用の通貨を貯めるために雇われる中国の若者は、雇用の機会を与えられたことになるのだろうか? 

局地核戦争でも人類は滅亡

A. ロボック/O. B. トゥーン

冷戦が終結しても、「核の冬」の脅威はなくならない。 局地限定核戦争でも、「核の冬」のような気象変動が起き、人類は絶滅するだろう。 インドとパキスタンの間で計100発の核弾頭が使われたとすると、49日後には地球の空はすべて曇り空となる。 そして10年後でも平均気温は0.5℃低いままで、夏でも霜が降りる。

地球温暖化をキャンセルして農作物生産を壊滅させるだけの火災を、核兵器は起こすことができるのだ。 いやはや、まったく、核兵器を使わずに頭を使って、地球温暖化を何とかするほうにお金をかけたいもんだよね。

10億人を苦しめる 忘れられた熱帯病

P. J. ホッツ

回虫症やフィラリアによる象皮症などは、温暖化に伴って感染が拡大するのだろうか。 日本では、花粉症などのアレルギーは清潔すぎることが原因だから、一回くらい回虫に寄生されたほうが良いのでは、なんて話もあるが……。

半導体チップを変える9つのアイデア

SCIENTIFIC AMERICAN編集部

会社でデュアルコアのPCを使っていて、なんでCPUをタンデムにするとそんなに速くなるのだろう、と思っていた。 実際には逆で、CPUを高速化するには、一つの塊のままだと発熱でメルトダウンしちゃうので、二つに分けたのだそうだ。 ムーアの法則を超えて集積回路の集積度を上げ、演算速度を上げるには、デュアルコア、クアッドコアのようなマルチコア化のほか、様々なアイデアがある。

量子コンピュータやバイオコンピュータも試作されているとのことだが、10年後、20年後のコンピュータはどんなものになっているのだろうか。

物理学を認識論にする

茂木健一郎 科学のクオリア/ゲスト:細谷暁夫(東京工業大学)

量子力学においては客観的な事実は存在しない。 「月は見ていなくてもそこにあるのが当たり前」だが、量子力学では、観測しない限り電子がどっち向きにスピンしているかわからないのだ。

EPRパラドックスの話がおもしろかった。 太陽系の両端にいるアリスとボブが量子もつれ状態の(スピンの向きが対称な、セットになっている)電子を持っているとする。 アリスの持っている電子を測定して、スピンの向きが判ったとき、太陽系の反対側にいるボブの持っている電子のスピンも明らかになる。 これは、相対性理論の限界を超えて(光速を超えて)瞬時に情報が伝わったことにならないか?

……これをパラドックスだと思ってしまうのは誤解であって、瞬時に情報が伝わったことを確認するのは不可能なのだ。 アリスがボブに電話して「どうだった?」と聞いて確かめるとき、情報の伝達速度は光速以下だから、相対性理論は破れない。 アリスとボブの電子を同時に見られるのは(仮想的な存在である)神だけであり、神の視点で宇宙を記述しようとするから、解決しない問題、パラドックスに見える問題があるのだそうだ。

時間というものは存在しない、というのも面白いよねぇ。 実際に存在するのは現在だけであり、「過去は記憶で、未来は推測にすぎません。(細谷)」


*1 カルシウムと燐酸の結晶複合体。歯や骨の成分である。歯磨き粉に含まれることもある。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-28 (日) 15:52:40 (3371d)