日経サイエンス2009年12月号

特集「起源」に迫る

宇宙、生命、その他もろもろの起源について、いまわかっていることのまとめ。

宇宙の起源

じつのところ、この宇宙がビッグバンから始まったことはわかっているが、ビッグバン以前は何があったのか(何もなかったのか)わかっていない。

また、現在膨張を続けている宇宙が、ずっと膨張し続けるのか、収縮して「ビッグクランチ」に至るのかも、わかっていない。

すべては暗黒物質(ダークマター)と暗黒エネルギー(ダークエネルギー)が鍵を握っているらしいのだが、どちらも正体不明で、観測結果と理論による予測の辻褄をあわせるために考え出されたものだ。

辻褄を合わせるための存在というと、どうしても燃素(フロギストン)やホムンクルスを思い出してしまう。 しかし、中間子(メゾン)なんかも最初は辻褄合わせのための仮説的存在だったのだから、この先、実在が確認されていくのだろうか。

生命の起源

RNAワールド仮説に基づく生命の起源(レプリケーター起源説)。 RNAは、遺伝情報を伝える役割とともに、酵素のようにはたらく「リボザイム」にもなる。 そこで、粘土の層の間でつながったポリヌクレオチドが、脂肪酸の二重膜に包み込まれたことが生命の出発点だと考える。

これには異論があって、小さな分子どうしの化学反応のネットワークが(膜のような境界の中で)進化したと説明する、「代謝起源説」もある(本/日経サイエンス/2007年09月号参照)。

どちらが正しいのかは、より研究が進めば明らかになるだろう。 あるいは、地球外生命が見つかれば。

面白いのは、どちらの仮説も脂質二重膜の「泡」の中で生命が発生した、というところだ。 RNA二重らせんが分離し複製するにも、脂質二重膜が成長するにも、「流れ」が必要だった。 氷に覆われた原始地球において、海底の熱水噴出孔と表層の間を対流する流れの中でプロトセルが自己増殖を始めたのだろう。

流れに浮かぶ泡沫(うたかた)……それが生命の始まりだったのだろうか。

知性の起源

ダーウィンは1871年に『人間の由来』の中で、人間と人間以外の動物の心の違いは「程度の差であって質の違いではない」と述べたという。 ワシもそう思う。 野生動物の観察や動物の飼育を通じて、人間の知的能力は動物と地続きであるように感じている。 とくにドアを開けたり耳の後ろを掻かされたりと、こんに「道具」として使われているとき、そう思う。

しかし著者(M. ハウザー)は、人間と他の動物の精神活動には大きなギャップがあるという。

じつは、本論を読んでいて、どうも納得できなかった。 人間と他の動物の知的能力、精神活動にギャップがあるのは事実だ。

夜の散歩中、ワシは星を見上げて、あそこにも星を見上げる生き物がいるのだろうかと考えたりするが、こんは星を見上げることもしない。 だがそれは、知性の程度や使い方が違うだけで、本質的な差ではないのではないか。

これもまた、より研究が進めば明らかになるだろうか。 あるいは、ET(地球外知性)と遭遇すれば。

コンピュータの起源

1832年にプロトタイプまで作成され、機械式コンピュータが実現可能であることを示したバベッジの階差機関(ディファレンス・エンジン)。

そこから100年以上たった1945年、世界初のデジタルコンピュータ、ENIACが完成した。 回路を組み換えることなくプログラムを変更できる、プログラム内蔵型コンピュータの第1号は1949年に稼働したEDSACである。

それから60年、コンピュータの基本的な機能は変わっていない。

今後コンピュータが飛躍的に進歩するとき、それは人間の脳の働きを模した「思考機械」になるのだろうか。 あるいは、まったく異なる「計算機」になるのだろうか。

人間の知性は機械知性を生み出すためのものだった、という筋書きのSFはたくさんある。 そうしたSFでは、未来のコンピュータは人間のもつ憎悪や恐怖という感情を引き継いでいて、人類や生命を抹消しようとする。

憎悪や恐怖という感情なしに、計測し、計算するコンピュータのまま、優秀な人類のパートナーとして進歩しつづけてくれると良いのだが。

知ってる? 「始まり」あれこれ

フラーレンの立体模型

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-30 (月) 00:30:47 (3584d)