日経サイエンス2009年07月号

サルが見た色の世界 色覚の進化をたどる

G. H. ジェイコブズ(カリフォルニア大学)、J. ネイサンス(ジョンズ・ホプキンズ大学) 訳者:河村正二

ヒトを含むサルの仲間、霊長類は哺乳類の中でも特異な色覚を持つ。 色覚を担う視細胞が、多くの哺乳類(ネズミやネコやイヌ)では2種類なのに対し、霊長類は3種類なのである。 霊長類の網膜には、青、緑、赤の波長の光を吸収する視物質があるが、多くの哺乳類は赤の波長の光を吸収する視物質を欠く。

哺乳類の大部分は「2色型色覚」で、霊長類が「3色型色覚」であることから、「霊長類のほうが進化している」「より優れている」などと思うのは早計である。 鳥類や爬虫類、魚類は「4色型色覚」なのである。 ヒトには見えない紫外線を見ることができるので、より鮮やかな世界に生きているのだ(『本/日経サイエンス/2006年10月号』「鳥たちが見る色あざやかな世界」)。

大型爬虫類、いわゆる恐竜から逃げ隠れしていた小型の爬虫類が、夜行性の哺乳類に進化した。 そのとき、紫外線の領域と赤色の領域の光を感知する視細胞を失った、つまり色覚を退化させたのだろう。 進化の過程では、構造や機能の退化が見られるものなのだ。

著者らによって、3色型色覚に関与する青視物質と緑視物質、赤視物質をつくる遺伝子の所在が明らかになった。 青視物質の遺伝子は第7染色体にあり、緑視物質の遺伝子はX染色体にある。 赤視物質の遺伝子もX染色体にあり、緑視物質の遺伝子の「となり」にある。 赤視物質の遺伝子は、緑視物質の遺伝子が突然変異し、染色体上にダブってできたものなのだ。

興味深いのは、網膜上の視細胞(錐体細胞)が、青、緑、赤のどの光を感知するようになるかが、まったくランダムに決まるということだ。 青視物質の遺伝子、緑視物質の遺伝子、赤視物質の遺伝子のうちのどれが発現するか、偶然が支配しているのである。

ということは、網膜上の青、緑、赤のそれぞれの光を感知する細胞のどれが多いか、どのように分布しているかは、個人個人でまったく異なる、ということだ。 私たちは一人一人、それぞれ異なる色の世界で生きているのである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-02 (火) 22:31:28 (3761d)