日経サイエンス2008年1月号

ビタミンDの多彩な効用 がんや感染症にも

L. E. タベラ=メンドーサ/J. H. ホワイト(マギル大学)

紫外線を浴びても皮膚がんにならないのは、皮膚で生成される*1ビタミンDの働きらしい。 ビタミンDが不足すると、乳がん、前立腺がん、結腸がん、多発性硬化症、炎症性腸疾患(クローン病)のリスクも増すようだ。 ビタミンDは、遺伝子の発現をコントロールする「スイッチ」の働きをしているため、さまざまな物質(免疫物質や抗生物質)生成を制御する。 結核病院が海辺など日光の豊富なところにあったのは、結核菌に対する抗生物質(抗菌性ペプチド)をビタミンDが作っていたからだったのだ(ということが2006年にわかった)。

日本人の場合、しいたけや魚を食べて、屋外で日光を浴びればビタミンD不足を防げる。 さて、こうなると、がんや免疫疾患と、日焼けによるシミとのどちらをとるか、というハナシになるかな?

葉緑体進化のダイナミズム 小さな藻類の数奇な物語

堀口健雄(北海道大学)

渦鞭毛藻類が、これほど奇妙な生物だとは知らなかった。

葉緑体を持ち光合成を行う緑色植物*2は、すべて共生によって生じた。 真核生物(動物・植物と菌類の祖先)が原核生物の藍藻類を取り込み、緑藻類の祖先となったのである*3。 このような「最初の植物」を一次植物という*4

それに対し、藍藻類ではなく一次植物を取り込んで、つまり「植物を食べることで自分も植物になった」植物を、二次植物という。 ユーグレナ類(ミドリムシ)や褐藻類(コンブなど)、そして渦鞭毛藻類が二次植物である。 ただし、それぞれのグループは系統的に大きくかけ離れている。 ユーグレナ類の葉緑体は緑藻起源、褐藻類の葉緑体は紅藻起源で、それぞれ葉緑体を獲得してからは、植物として進化している。

しかし、渦鞭毛藻類の葉緑体は紅藻起源だが、その葉緑体は退化するか眼点に変化し*5、新たに珪藻類を取り込んでいる。 珪藻類の取り込み後、淡水性になったもの、鞭毛を失って底生となったもの、殻(鎧板)を失ったものなど、多様に進化したり、サンゴと共生したりするものもいる。

葉緑体を入れ替えるということだけでも、とんでもないなぁと思ったのに、さらに奇妙なのは渦鞭毛藻類の親戚達である。 渦鞭毛藻類はゾウリムシやラッパムシなどの繊毛虫類、そしてアピコンプレックス類の近縁なのだそうだ。 アピコンプレックス類とは、マラリア原虫などの仲間である。 そして、アピコンプレックス類には、痕跡的な葉緑体があるという。 つまり、動物(従属栄養生物)から植物(独立栄養生物)に進化した後、さらに植物から動物へと進化したようなものなのだ。

中学の理科や高校の生物で習う動物と植物の区分が、なんと素朴であることか。 そして「現実」のなんと奇妙で複雑な歴史の産物であることか。


*1 つまりビタミンDは、体内で合成可能なのでビタミンというよりホルモンだ。ということになると、皮膚は内分泌器官ということになる。脂肪組織もホルモンを分泌するというし……どうも身体のあらゆる組織や器官が内分泌を行っているようだ。作用し、作用され、という関係を考えると、生物の体というのは化学的なインターネット、という感じだね。
*2 緑藻類と陸上植物
*3 取り込まれた藍藻類が葉緑体になった。葉緑体がもともと独立した生物であった証拠として、葉緑体は独自のDNAを持っている。
*4 緑色植物と紅色植物、灰色植物
*5 葉緑体を失う、という方向への進化である。このように、進化とは「より優れた形質を獲得する」ことではなく、生物がその形態や行動を「変化させる」ことである。だから当然、「発達」よりも「退化」として現れることが多いのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-01 (火) 17:13:46 (4280d)