日経サイエンス2007年10月号

地球温暖化の真実 IPCC第4次報告書から

W. コリンズ/R. コールマン/J. ヘイウッド/M. R. マニング/P. モート

  1. 地球の気候は温暖化しつつある。
  2. その原因は人間の活動によって生じた温暖化ガス(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素など)である。

この仮説に基づき、京都議定書をはじめとする地球温暖化防止策がとられている。 個人の生活も、節電を心がけたり、省エネルギー・省資源タイプの商品を購入するなど、地球温暖化を意識されるようになってきた。 ワシも、自分の乗るクルマの燃費の悪さに、家計だけでなく地球温暖化への影響を考えて頭と心を痛めている。

だがもし、上記の仮説が誤りだったら……と考えたことがある。

  1. 気候の変動周期は数万年単位と大きいので、昨今の暖冬や酷暑は、一時的な「振動」なのではないか。
  2. 地球の気候が温暖化傾向にあるとしても、それは自然現象(太陽の影響など)によるものであって、人間の活動とは無関係ではないか(現在、地球は氷河期と氷河期の間、間氷期にあるので、温暖化は当然だ、と考える)。

ところが、今年2月に発表されたIPCCの報告書により、次のようなメッセージが伝えられた。

「人間が気候に影響を与え、人類が誘発した気候変動が進行中であることを、科学者は以前に増して確実だと考えている。」

科学的な調査は、必ずしも原因と結果の因果関係を明確に説明するものではない。 観察記録から原因と結果の相関関係を「統計的に」明らかにし、実験によって「より確からしい」ことを確認する。 地球の気候については、実験することができないので、コンピュータシミュレーションを用いる。

2001年の報告書では66%としていた「人間の活動によって地球が温暖化している確率」は、最新の報告書では90%となった。 「人間の影響ではない確率」、つまり「科学者の読み違い」の確率は1割以下となったのだ。

このように、「人間の影響で地球が温暖化している確率」が上がったのは、一つには観測記録が増えたからである。 また、コンピュータシミュレーションがより精緻になり、「人間の影響がない場合の地球の気候の変化」をシミュレーションできるようになったことも大きいそうだ。

どうやら、紛れもなく地球は温暖化しており、その原因は人間の温暖化ガスの排出にあるようだ。

90%の確率で。

温暖化で凶暴になる台風

K. E. トレンバース

さて、このところ日本でも凶暴な台風に襲われている。 地球温暖化の影響で、台風はますます巨大化し、凶暴になるそうだ。

ただし、台風の発生数は減るらしい。

巨大化する際、台風が海水から熱を奪って海面温度が下がるため、台風が発生しにくくなるのだという。

温暖化恐れるに足りず、なんてことを言う無知な輩が居て、南の島は大変かも知れないが、日本では稲作が楽になって良いじゃないか、なんてことをほざく。 そのイネも、台風で泥まみれになってしまうかも知れないのだぞ、わかっているのかねぇ?

わかり始めた記憶の暗号

J. Z. チェン(ボストン大学)

マウスを使った実験により、脳の海馬内のニューロンの集合体が、ある出来事の一つの側面に対して反応することがわかった。 このニューロンの集合体を「ニューラル・クリーク」という。

例えば、マウスにとっての「エレベーターの落下」という出来事に対して、「びっくりする出来事」「動きの乱れ」「落下」という三つのクリークが反応する。 「地震」なら、「びっくりする出来事」「動きの乱れ」「揺れ」の三つだ。 そしてマウスがびっくり体験を思い出すとき、同じクリークが活性化する。

「エレベーターの落下」を「びっくりする出来事=オン」「動きの乱れ=オン」「落下=オン」「揺れ=オフ」、「地震」を「びっくりする出来事=オン」「動きの乱れ=オン」「落下=オフ」「揺れ=オン」というように2進数コードに表すことができる。 つまり記憶をデジタル化できるわけだ。

将来、ヒトの記憶をデジタル化して保存し、好きなときに追体験できるかも知れない。 だが、個人の記憶はとても重要な個人情報である。 流出したら怖いよね。

記憶だけでなく、感情や思考もデジタル化できるのだろうか? 

脳が、「エレベーターの落下」を「びっくりする出来事」ではなく「よくある楽しい出来事」に分類し直すようなことはあるのだろうか?  あるとすれば、そのような分類のし直しが、感情や思考と関係するのではないだろうか?

だとすると、同じ記憶の記録から、異なる感情が再生されたりしないだろうか?

記憶だけではなく、感情も同時にデジタル化して保存しないと、正しく再生できない……ということがあるとすると、記憶コードはまさに、暗号鍵(感情)の種類によって異なる平文に復号されてしまう暗号のようだねぇ。

麻酔の科学 脳に働くメカニズム

B. A. オーサー(トロント大学)

酔は、医学ミステリや医学サスペンスで重要な役割を果たすことが多い。 例えば……って例を挙げただけでネタバレになりそうなので、例示できないくらいだ。

しかし、麻酔薬はその作用メカニズムは解明されていないのだそうだ。 この論文では、ニューロンの興奮を抑止する神経伝達物質 GAVA の受容体に一部の麻酔薬が作用することが明らかにされている。

しかも、神経伝達物質受容体、つまり細胞膜表面のタンパク質に作用するメカニズムを明らかにし、特定の作用をもつ麻酔薬を開発できれば、意識を保ったまま全身麻酔ができたり、手術中の記憶を抹消できたりするという。

ここでびっくりしたのは、まず、麻酔にはいくつかの側面(要素)がある、ということだ。 その要素とは、沈静、意識の消失(催眠)、痛みの消失(痛覚消失)、記憶の消失である。

これらの要素のうち特定のものだけを有効にしたり、無効にしたりできる可能性があるらしい。

われわれの精神と身体の働きが、いくつかの要素に分割でき、それらを個別にオン・オフできるということにも、またびっくりした。 他人と会話し、思考や判断を行なっているにもかかわらず、記憶がない、ということがあるのは、そのためなのか、とちょっと納得した。

えーっ、ワタシにはそんな経験ないよ、という人は、よく思い出して欲しい。 眠る直前に家族と交わした会話を全部思い出せますか?  起きぬけの会話は?

「今日の朝ご飯は何にしようか」といった会話をしたのに、あとで思い出そうとしても、まったく記憶にない、なんてこと、ないですか?

ワシはよく寝言を言うそうで、ワシの寝言に対してカミさんが質問をすると、しっかり答えるそうである。 もちろん、ワシには記憶はない。 もっとすごいのはワシのムスメどもで、互いに寝言で会話していることがあるのだ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-13 (木) 22:04:45 (4392d)