日経サイエンス2006年10月号

鳥たちが見る色あざやかな世界

T. H. ゴールドスミス

人間は,えてして自分たちの視覚システムが進化の頂点にあると思いがちだ。

……という書き出しで始まるこの論文では、二つの大きな「センス・オブ・ワンダー」を味わった。

そういえば、寺田寅彦が「トンビはなぜ高い空から小さな獲物を見つけられるのか不思議だ」ということを、随筆に書いていた。 光学的な分解能から考えると「見えるはずない」ので、においでも頼りにしているのだろうか、というように推論していた。 ……ところが、真実は、紫外線にあったのだ。

フィンランドのユバスキュラ大学のビータラ(Jussi Viitala)らのグループは,チョウゲンボウというハヤブサの仲間がハタネズミの通り道を視覚によって見つけることができることを発見した。 ハタネズミは通り道に臭いでマーキングをするのだが,それに使う尿や糞は紫外線を反射するとされる。

以前【科学的逍遙】に「まぶしい紫外線?」という記事を書いた。

そこに、「私たちの見ている「世界」は自然の一部に過ぎず、「見えない世界」がその外側に、大きく広がっているのです」と書いたが、そのとき念頭にあったのは昆虫だった。 しかし、昆虫のように異質な生物でなく、身近で親しみのある鳥類すら、ヒトの知りえない世界を知る存在だったのだ。

この論文は、おこがましくも霊長類と名乗るヒトへの戒めの言葉で結ばれる。

私たちは自分の感覚世界にとらわれるあまり,失明することの意味は容易に理解し,それを恐れてもいるにもかかわらず,己の能力を超えた視覚世界を思い描くことができない。人間のうぬぼれという色眼鏡で見る世界,あるいはそこから想像できる範囲の世界と,本当の世界は違うのであり,自分たちの視覚が進化の頂点ではないと知ることは,私たちを謙虚にするだろう。

サルの色覚が教えてくれること

河村正二(東京大学)

「鳥たちが見る色あざやかな世界」にもにあるとおり,鳥類やトカゲ,多くの魚などは4タイプの視物質を使って世界を4色型色覚で見ている。一方,ほとんどの哺乳類は2種類の視物質しか持っていないが,私たちヒトを含めた霊長類の一部は例外的に3色型色覚をしている。しかし,3色型を再獲得したものの,獲得した赤と緑の視物質には変異が生じやすく,十分な3色型色覚を持たない人もいる。従来,こうした“不利”な形質が淘汰されずに集団内に残るのは,文化・文明を含む人類の生態が淘汰圧を和らげているからだといった理由付けがされてきた。しかし,本当にそうだろうか?

色盲、色弱、色覚異常というような「ネガティブなニュアンス」で呼ばれる形質は、じつは「劣った形質」ではないのかもしれない。 適応的、つまり生存に有利な「資質」であった可能性があるのだ*2。 昆虫の擬態のような「色カモフラージュ」を見抜くには、色覚への依存度が低いほうが有利なのだそうだ。

ヒトが進化の頂点であるかのように考えて生物界を眺めるのが間違いであるだけでなく、(いわゆる)健常者が「普通」であって遺伝的スペクトルの異なる人々を「障害者」とみなす考え方も、また無知に基づく愚かな思い込みなのだ。

ハッブル望遠鏡 発見ベストテン

M. リヴィオ

今年4月,ハッブル宇宙望遠鏡は16歳の誕生日を宇宙で迎えた。この間,天文学者は宇宙についてかつてない詳細な現象を見てきたし,世界中の人々も宇宙の驚異を垣間見ることができた。

ハッブル宇宙望遠鏡による地球の大気圏外からの宇宙の眺めもまた、センス・オブ・ワンダーの宝庫である。 まるで水中に広がる絵の具のような星間ガス*3や、立体感の感じられる銀河、などなど……。

考えてみればハッブル望遠鏡もまた、ヒトが生来持っている視覚の限界を超越し、「見えない世界」を見る手段なのだ。


*1 はなはだ科学的でない言い方である。進化の結果は歴史的な現象であるから、目的論的思考は禁物なのだ。
*2 もちろん、この資質は人類が狩猟・採集生活を行っていた時に有用だったものだ。だからといって、「現代社会では役に立たない資質だ」と切り捨てることはできない。現代人の脳は、コンピュータのプログラムを書いたり宇宙船を飛ばしたり国際関係を築いたりすることができるように進化してきたのではない。文明は、群れ社会を維持しながら狩猟採集生活を営むことに適した脳の「余技」として育まれてきたものだ。われわれの脳は、狩猟採集生活を営んでいたころと、ほとんど変わっていない。そのことを忘れると、優生学などの不健全な思想に走るおそれがある。
*3 ハッブルが撮った写真を見たとき、「あっ、これは映画『2001年宇宙の旅』で見た! と思った。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-23 (土) 11:31:50 (4655d)