日経サイエンス1996年1月号

利己的遺伝子と生物の体

生命の目的は、DNAの生存を永続させるということであり、なんらそれ以上の意味はない

R.ドーキンス

自然は残酷なのか

ダーウィンはこう書いている。「慈悲深い全能の神が、ヒメバチを、イモムシの生きた体を中から食べるように故意に創造されたとは、私はどうしても思えないのである」。

これに対し、ドーキンスはこう述べる。

これは非常に残酷に聞こえる。しかし、私たちは理解すべきである。自然は残酷なのではない。ただ、無常なまでに無関心なのである。

ヒトは、ものごとのありように動機や意図を求め、原因と結果の間に単純な関連を探してしまう癖のあるサルである。 そのため、非科学的な医療法や商売にだまされる。 占いや性格診断や類型分類が好きなのも、そういう癖があるからである。

そういう癖があるがゆえに、生物の生態や形態に理由を探してしまう。 生物の種のあいだに、愛情や憎悪があるように思ったりする。

しかし、そういったものは幻想なのだ。 生態学や進化の法則は、むしろ経済の法則に近いものなのである。

生物が「設計され、創造されたもの」だとしたら……

チーターはすべてにおいて、あることに非常に適するように設計されている。

もちろん、チーターはガゼルを殺すのに都合よく設計されているように思われるのである。 そして、同じようにガゼルの設計思想をさぐると、その目的はチーターを飢えさせることのように思われるのだ。

これではまるで、チーターはある神によって創られ、ガゼルはそのライバルの神によって創られたかのようである。 さもなくば、もしトラとヒツジ、チーターとガゼルを創られたのが1人の神ならば、神は何を意図されたのか?  血なまぐさいスポーツを楽しまれるサディストであられるのか?  アフリカの哺乳動物の過剰繁殖を避けようとされているのだろうか?  あるいはアッテンボローのテレビ番組の視聴率を押し上げようとされているのか? 

やはりどうも、生物が造物主によって設計され、創造されたものだと考えることには無理があるようだ。

生き残ってきた「生物の設計図」つまりDNAが、「生き残ってきた生物」の特性を決めている。 生物の生態や形態の進化については、目的があるものと考えるより、結果論的に考えた方が良いのである。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-19 (日) 22:12:21 (3893d)