南極点のピアピア動画

著者
野尻抱介
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫JA)

近未来ハードSFである。 近未来といっても、極近未来、数年程度先に起こるかも知れない出来事と、それによって変わるだろう人類の未来の予感が描かれている。

ただし、震災も原発事故もなかった近未来だ。

その代わり、月に彗星が衝突する。 その出来事を皮切りに、ハードSFならではのガジェットが登場し、モノを作ったりいじったり観察したり考えたりするのが好きな連中が、とんでもないモノを作り出す。

そのすべてに関係するのが、ニコニコ動画を思わせる「ピアピア動画」と、初音ミクを連想させるボーカロイドの「小隅レイ」。 ちなみに、小隅黎は海外ハードSFの名翻訳者(故人)であり、そのペンネームは cosmic rays、つまり宇宙線に由来する。

「南極点のピアピア動画」に登場するガジェットや出来事

「コンビニエンスなピアピア動画」に登場するガジェットや出来事

「歌う潜水艦とピアピア動画」に登場するガジェットや出来事

「星間文明とピアピア動画」

「こりゃすごいや、Google Wave なんて目じゃない。ていうかゾラックだな」

Google Wave は Google が2009年に発表したコミュニケーションツール(兼コラボレーションツール)だが、2012年4月にサービス終了となった。最新事情を扱うと、たちまち時代遅れになるから怖いね〜。

それはさておき、ゾラックは『星を継ぐもの』の続編、『ガニメデの優しい巨人』『巨人たちの星』に登場する異星のコンピュータである。 ゾラックやアシモフの「ロボット工学の三原則」がチョロっと出てくるあたりも、ハードSFファンの琴線を刺激する。

「歌う潜水艦とピアピア動画」は2011年8月、「星間文明とピアピア動画」は2012年2月が初出である。 そのせいか、3.11 後の国家の対応を思わせる記述もある。

防衛省と政府の高官たちは、例によってテレビ中継で事態を知った。潜水艦かざしおの捜索にばかり注力して、足許を見ていなかったのだった。

さて、現実の人類は星間文明への参加を認められるほど、成熟した文明を築くことができるのだろうか?

(2012年7月8日読了)


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-11 (水) 23:41:50 (2594d)