働かないアリに意義がある

著者
長谷川英祐
出版社
メディアファクトリー新書(メディアファクトリー)

社会性昆虫の最新知見に学ぶ、集団と個の快適な関係

現役進化生物学者による、「身につまされる最新生物学」……とカバーにある。 ビジネス書として読まれているという Web 上のレビューもあり、妙に擬人化されていたりしたらイヤだなぁ、などと思っていたのだが、それは杞憂だった。

社会性昆虫の生活をヒトの社会に当てはめるとどんな具合か、という例え話はあるが、擬人化ではなく説明の都合にすぎない。 そのあたりの記述はきわめて科学的である。

序章 ヒトの社会、ムシの社会

ハチやアリのコロニーでは、繁殖専門の個体(女王)と労働専門の個体(ワーカー、働きバチ、働きアリ)とが明確に分かれている。 このような真社会性生物の社会は、ヒトの社会とは大きく異なる。

まず、繁殖にかかわるオスは一時的に現れるだけで、卵を産み続ける女王もワーカーも、全部メスだし。

それにもかかわらず、個の生活を維持することと社会を支えることを両立させるべく、日々働くサラリーマンは、働きアリや働きバチに感情移入してしまう。 ところが……。

第1章 7割のアリは休んでいる

アリを個体識別して長期間(1ヶ月ほど)観察したところ、巣の中の約7割のアリは働いていないことがわかったそうだ。

なぜ「余剰人員」が7割も居るのか? こいつらはなぜ働こうとせず、ブラブラしているのか?

じつは、働かないアリは働きたくないのでサボっているのではなく、仕事にありつけないのである。 エサを探すことや卵や幼虫の世話は、より腰の軽いアリが片付けてしまう。

だが、大きなエサが見つかったり、世話が大変になったりしたときには、どんくさいアリも仕事に参加できる。

第2章 働かないアリはなぜ存在するのか

さといアリとどんくさいアリが存在することで、アリの社会は上司(司令官)の命令がなくても仕事がうまく回るらしい。 腰の軽い、働き者のアリだけでは仕事が回らなくなったり、働き者が疲れてしまったとき、それほど働き者でもないアリも仕事をして社会の維持に役立つことができるのだ。

このような「仕事に対する腰の軽さの個体差」=「反応閾値(いきち)」は、どうやって生じるのか?

ミツバチの場合、1匹の女王バチが20〜30匹のオスと交尾し、精子を蓄えておいて、遺伝的にバラツキのあるワーカーを産む。 この遺伝的なバラツキが反応閾値をもたらし、コロニーを形成するワーカーの多様性の元となっている。

第3章 なんで他人のために働くの?

はい、ハミルトンの血縁選択説ですね。 ドーキンスの『利己的な遺伝子』でも紹介されていたので、知っている人も多いはず。

利他的に見える行動も、遺伝子の生き残り戦略として説明できる。

ワーカーにとって、自分が子供を産むよりも、妹である女王の娘(他のワーカーや次世代の女王)を育てたほうが、たくさんの遺伝子を残すことができる。 もちろん、個々のワーカーがそのように考えて行動しているわけでなく、そのように行動する個体の遺伝子が残りやすく、その結果、そのように行動する個体から構成されるコロニーが繁栄しているのである。

進化っていうのは結果論だからね。

第4章 自分がよければ

まったく働かないワーカー、自分の子を産むだけのワーカーが存在するそうだ。 そうしたフリーライダー(ただ乗り)あるいはチーター(だます者)が侵入したコロニーは、やがて衰退する。

コロニーが滅んだニッチに新しいコロニーができ、そのコロニーにフリーライダーが侵入して……と、歴史は繰り返し、フリーライダーの割合も一定に保たれる。

それよりびっくりしたのは、シロアリではオスがまったく存在しない、真のクローンからなるコロニーが存在することだ。 遺伝子から見れば、完全に利己と利他が一致している。 だが、遺伝的なバラツキがないと、反応閾値がバラつかないので、コロニーの維持は困難になるのではないのか?   ……どうも、遺伝的に均一なはずなのに、個体差が存在するらしい。 そして、どうして個体差が生じているのかは、まだわからない。

さらにびっくりしたことに、コカミアリ、ウメマツアリなどのアリの女王は、交尾してワーカーを産むが、次代の女王は自分のクローンとして産むという。 しかも、次代のオスのもつ遺伝子は、すべてオス由来、つまり息子はオス親のクローンだそうだ。

有性生殖するくせに、生まれてくる子供はオス・メスともそれぞれの父親・母親のクローンとは、どういうことだ! オスとメスが遺伝的に交わることのない「別種」になっているわけだから、他の動物の常識から見れば、まったく異質(エイリアン)である。 まったくもって、地球上のエイリアンだ。

第5章 「群れ」か「個」か、それが問題だ

群れを作ることによって、個体の生存確率を上げることができる。 それが群れの利点だが、すべての生物が群れないのは感染症の伝播が早いという欠点もあるからだ。

また、真社会性生物では個体間に明確な役割分担があり、超個体のようになっている。 ……という、これはよく聞く話。

第6章 その進化は何のため?

進化は、環境に適応し続ける過程である。 環境は常に変化し続けるので、進化に終わりはない。

もしも「完全な適応」が生じれば進化が終わり、すべての環境で万能の「神のごとき生物」が出現する……だろうか?

著者はそのような生物が存在しない理由を考えることを、宿題としている。

ワシはもちろんその理由を知っているので、わからない人のためにもう少しヒントを書いておこう。

  1. 生物と環境の関係、つまり生態学は経済学の原理に従っている。適応するにはコストが必要なのだ。
  2. 水陸空万能の乗り物ができたとしよう。その乗り物は、ボートや車や飛行機に比べて、燃費はどうだろうか?

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-09 (火) 21:55:19 (2934d)