天涯の砦

著者
小川一水
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫)

地球軌道上の観光施設である「望天(ぼうてん)」で事故が発生する。 ホテルなどを含む遠心重力区画と、無重量の宇宙港/ラウンジをつなぐ軸で爆発事故が起こり、北港が破壊されたのである。 宇宙港のラウンジは扇形に分断され、第4扇区(セクター)は月往還船と結合したまま、漂流を始める。 わずかに残った気密区画に残された人々を閉じ込めたまま、やがてその残骸は大気圏へと降下し始めるのだった……。

という絶望的な状況において、いかに生き残るか。 その生存のための人々の闘いを描くハードSFである。

こういう設定は、クラークの『渇きの海』をはじめ、いくつもの優れたハードSFに見られる。 地球上で毎日のほほんと暮らしていると、まったく不足を感じない「空気」や「水」の不足への対応はどうするか。 扉を開けたら、いや、ドリルで壁に穴を開けただけで、死に瀕するかも知れない「真空」という環境。

地球生まれの生命に対して敵対的である宇宙に対抗して、限られたテクノロジーでどうやって危機から脱するか……。 『天涯の砦』では、宇宙だけでなく、生き残った「仲間」の中にも「敵」がいる。 誰が敵で、どのように他の生存者を脅かすのかは、ここには書かない。

さて、『天涯の砦』の舞台はおそらく21世紀中庸で、月はコロニーとして成熟しつつあり、太陽系内の惑星への人類の進出が実現しつつある時代である。 だいたい、『プラネテス』と同じような背景である。

しかし、技術的に大きく異なる点が二つある。

一つは、地球から軌道に到達する手段として、ロケット以外に軌道エレベーターが存在することだ(『プラネテス』では、ラムジェットによる航空宇宙機で軌道に達していた)。

もう一つは、宇宙船のエネルギー源として、核融合ではなく電気的なエネルギーを用いていることだ。

その両方に共通するのが、カーボンナノチューブである、ということになっている。

60個の炭素原子を、五角形と六角形の頂点になるように並べ、ちょうどサッカーボールの模様のようにつなぎ合わせた物質をフラーレンと呼ぶ。 C60と呼ばれる、特異な性質を持った分子である*1

フラーレンの立体模型

フラーレンの五角形の部分をすべて六角形に変えると、球にならない*2。 その代わり、長くつなげてチューブ状にすることができる。 それがカーボンナノチューブである。

炭素からできているので、電流を通す。 また、金属をはるかにしのぐ強度を持つ(ダイアモンドも炭素から成る物質である)。 そこで、カーボンナノチューブから宇宙エレベーターのケーブルを作り、また超高速で回転してエネルギーを蓄える「バッテリー」を作れるかも、ということだ。

ハードSFの醍醐味はこのへんの、現実の科学から「ちょっと進めると凄いことができるかも」というところにある。


*1 もっとも、ろうそくなどの煤の中にも含まれているという身近な物質でもあるらしい。
*2 六角形を平面に敷き詰めることはできるが、立体を作ることはできない。元祖【科学的逍遥】の「正多角形と正多面体」を参照。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-18 (日) 22:13:10 (3896d)