天の光はすべて星

原題
THE LIGHTS IN THE SKY ARE STARS
著者
フレドリック・ブラウン
翻訳者
田中融二
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫)

タイトルの美しさ

初めてタイトルを目にしたのは30年以上も昔のこと。

『天の光はすべて星』

そう、天の光はすべて星の光なのだ。 肉眼で見える6千個の星も、天の川も、すべて恒星(star)である。

火星や木星などの惑星の光も、そして月の光も、地球に最も近い恒星である太陽の反射光である。 夜の天の光だけでなく、昼の天と地上をあまねく照らす光も、太陽の光だから、星の光である。

空を見上げたとき、目に入る光はすべて星からのものだ。 近いものでも18分前、遠いものでは数万年前に星が発した光子……。

そんなわけで、元祖「科学的逍遙」の天文カレンダー(iモード用)のタイトルを「天の光はすべて星」としてみたりしたこともあった。

星への夢を諦め切れなかった中年の物語

いかにもSFらしい、というか、SF好きの人間の琴線に触れるタイトルだったが、高校生だったか大学生だったか、当時のワシは『天の光はすべて星』を買って読むことはしなかった。 文庫本のカバーに書かれた紹介文に心が動かなかったからだ。

1997年、人類は星々に対する情熱を失い、宇宙開発計画は長い中断の時期に入っていた。星にとり憑かれた57歳のもと宇宙飛行士マックス・アンドルーズは、そんな世界で無為の日々を過ごしていた。しかし、木星探査計画を公約に立候補した女性上院議員候補の存在を知ったとき、彼の人生の歯車は再び動き始める。もう一度、宇宙へ――老境に差しかかりつつも夢のために奮闘する男を、鬼才ブラウンが情感豊かに描く古典的名作

上記の紹介文は2008年の新装版のものだが、30年前の紹介文も似たようなものだったと思う。 当時、若いワシは「老境に差しかかった中年」の話などに興味がなかったのだろう。

ところが、時間というものは残酷にも、確実に過ぎて行く。 気が付けばワシもマックスに近い年となり、自分の夢、というか、やり残したこと、もはやできないことに対する(軽い)後悔を覚えるようになった。

しかし、マックスのように闇雲に夢を実現させるために邁進することはないだろう。 マックスほどの飢餓感はないし、現在の生活に(そこそこ)満足しているし。 やっぱり家族を持っているかどうか、というところの差は大きいかもね。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-23 (日) 23:22:35 (3681d)