沈黙のフライバイ

著者
野尻抱介
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫JA)

太陽の簒奪者』の著者、野尻抱介の短編SF。

沈黙のフライバイ

近未来、というか本当にちょいと先の、明日といってもよい未来の、SETI(地球外知性探査)ではなくCETI(地球外知性との接触)の物語。

「こんなふうにやれば現代のテクノロジーでも恒星間宇宙を渡ることが可能かも」と無人探査の方法を検討し始めた矢先、近傍の赤色矮星(レッド・ドワーフ)からの探査機が太陽系に接近する。

結局、探査機は光速の13%で太陽系を通過して、アルファ・ケンタウリ目指して行ってしまう。 クラークの『楽園の泉』に登場したスターグライダーのように雄弁に語ることもなく。

しかし、探査機から赤色矮星に向けて送信されたデータには、地球人の知らない太陽系の姿が記録されていた……。

なるほど、そう来たか。 岡崎二郎の短編マンガにも、似たような話があったね。 地球人に気付かないかのように旅を続ける無人探査機の話。

地球人がそうした探査機に気付くだけのテクノロジーを持つようになったのも、最近だしねぇ。

(わだち)の先にあるもの

初めのうち、ドキュメンタリーかエッセイか……つまりノンフィクションかと思って読んでいた。 そしたら、2005年に軌道エレベーターの建設が始まった、と書いてあるので、あぁ、フィクションだったんだ、と気付いた。

……本当に軌道エレベーターが建設されればいいのに。

野尻抱介は1961年生まれだから、ワシより三つ年下だ。 「私」が小惑星エロスに行けるなら、ワシだって静止軌道から地球を見下ろすくらいできるだろう。

……よし、もう一度アラスカへ行ったら、次は宇宙へ行くぞ!

片道切符

環境過激派の(と思われる)テロにより帰還船を爆破されてしまった火星探査チームが、行ったきりになるのを覚悟で火星に向かうことを決意するまでの話。

……と書くと、全然違う話みたいだなぁ。 「覚悟」とかいう悲壮感がないのだ。 妙な「力み」もない。 「やれるか? やれるなら、やってみようじゃないか」という感じなのだ。 この感じは、他の野尻作品にも共通するように思う。

ちなみに、ワシも若い頃はけっこう過激な環境保護思想を持っていたが、今はすごくマイルドになったよ。

ゆりかごから墓場まで

閉鎖生態系(CELSS)スーツの発想が、タイのエビ養殖池から始まるというのが、すごく面白かった。

閉鎖環境スーツに身を包んだ入植者を、骨組みだけの宇宙船に固定して火星まで送り届ける、という火星植民構想にもぶっとんだ。

やっぱり、閉鎖環境スーツを地球上で使うのは間違っているよね。 地球上では、風を感じたいし、うまいものも食いたいし。

大風呂敷と蜘蛛の糸

この短編集の中では、この作品がいちばん好きだ。

主人公の女子大生が、中間圏(成層圏の上の、宇宙のとば口)まで凧で昇ったとき、ゴサマー(雪迎え)に遭遇するところがいちばん良い。 そうとも、生命の挑戦をなめるなよ!*1


*1 これは、インテリジェントデザイン説とかそういった、生命を貶めるファンタジーに対して吼えているのである。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-13 (月) 22:09:43 (4388d)