長い長い殺人

著者
宮部みゆき
出版社
光文社文庫

財布が語る、連続殺人事件

財布が、財布の視点から物語るというユニークなミステリ。 まぁ、宮部みゆきには、元警察犬のマサが語る『パーフェクトブルー』のような作品もあるので、驚きはしないが。

オムニバスかと思ったら、一つの事件だった。 一つといっても4人死んでいるし、メインの連続殺人事件以外に、登場人物というか財布の持ち主たちの周りで小さな事件がいろいろ起こる。 刑事の財布が語る最初の殺人事件を発端に、さまざまな財布の語る話によって事件の全貌が明らかになり、犯人逮捕の結末に至る。

犯人像については、なんとなく『模倣犯』を思わせる。 『模倣犯』のピースのように狡猾であり、ヒロミのように容赦ないのだ。 これ以上書くとネタバレになるので書かない。

以前、『さびしい狩人』について書いたときにも触れたが、「ハートウォーミングな宮部みゆきワールド」には無残な死が描かれることが多い。 大悪党も居れば、小悪党も出てくる。

救いとなるのは、良心を捨てない大人たちと、健気な子どもたちの存在だ。 本作の場合、大学進学を控えた娘を持つ刑事と四十代と思しき「やもめ」の探偵、そして小学六年生の少年である。

ちなみに、財布はみんな善人であった。 ……「人」じゃないから、こういうべきか。 金という、ときに汚れたモノを抱きしめるのが仕事なのに、財布はみな善良なのだった。

(2007年5月23日読了)


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-23 (水) 22:56:09 (4408d)