太陽の中の太陽

原題
SUN OF SUNS
著者
カール・シュレイダー
翻訳者
中原尚哉
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫SF)

「気球世界ヴァーガ」三部作の第一部

兵器主任は愉快そうな目でヘイデンを一瞥して、
「やれやれ、こりゃ大変ね。……きみ、風船てなんだか知ってる?」
「気体をためる袋です」マーターは即答した。
「よろしい。きみたちが住んでいるこのヴァーガは、じつはその風船なのよ。とても巨大な風船。直径はゆうに五千マイル。ベガ星系の外縁を公転している。ヴァーガは人工世界なのよ。人の手でつくりだされたもの」
「おもしろい冗談ですね」マーターはつくり笑いを浮かべた。
「冗談じゃなくて本当なのよ、若いきみ。ここの太陽が人工物なのは事実でしょう? だったらまわりの世界がそうであっても不思議はない」

……というわけで、地球よりもやや小ぶりな程度の巨大な風船に、呼吸可能な空気が満たされ、多量の水と有機物や無機物が浮かんでいる……というのが、この物語の舞台である人工世界ヴァーガである。 ヴァーガの中央には「太陽の中の太陽」キャンデスが輝いているが、そのキャンデスも人工の核融合炉である。

キャンデスからの熱と外皮での放熱によって空気が対流するため、ヴァーガ内部には雲ができる。 雲ができるということは、光が遮られることでもある。 キャンデスから離れるほど暗くなるため、キャンデスの近傍の「国家」を除き、自前の「小さな太陽」を持っている。 ヴァーガの内部は、たくさんの太陽が浮かび、それぞれの太陽を囲む国家が気流に乗ってゆっくり移動しているのである。

国家といっても、回転によって人工重力を作り出している円筒形の「町」の集合体に過ぎない*1。 それに泥球で作物を育てている農場や、水球から水球へと飛ぶ魚を取る漁船団などが付随する。 他の国家からの侵略や空賊*2に対抗するため、艦隊を有する国家もある。

けっこうハードなSFである

呼吸可能な空気で満たされた、無重量の空間! なんとも魅力的な設定である。 これこそSFだ。

そういえばファンタジーでは、こういうぶっ飛んだ設定は出てこないねぇ。 どういうわけか、ファンタジーでは地球ではない異世界のはずなのに、呼吸可能な空気のある1Gの惑星ばかりなのだ。 まぁ、ぶっ飛んだ設定から演繹して世界を構築するには科学的知識が必要だから、必然的にSFになっちゃうんだよね。

一見ファンタジックな世界であるにもかかわらず、『太陽の中の太陽』はわりとハードなSFである。 無重量だが空気があるとき、町や船*3はどのように作れば良いか?  レーダーがないとき、雲の中を高速で飛ぶにはどうするか?  ……等々。

いまちょっと書いてしまったが、「レーダーがない」のである。 ヴァーガで暮らす人々の科学技術には、コンピュータや電子工学が存在しない。 その秘密が「ヴァーガの外の世界」と「太陽の中の太陽」キャンデスにある。

ヴァーガを作ったのはどんな人々で、何が目的だったのかについては、『太陽の中の太陽』では描かれない。 ヴァーガに住む人々は、なぜヴァーガが作られたのは知らないのだ。

さて、第二部、第三部では、どのようにその秘密が明かされるのだろうか?


*1 とり・みきの『SF大将』に出てくる「リング長屋」を思い出しちゃった。
*2 空賊って、宮崎アニメの専売特許かと思ってたよ。
*3 ジェットエンジンで飛ぶ、松本零次の描く宇宙船のような船である。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-07 (土) 23:36:51 (3819d)